無料の会員登録をすると
お気に入りができます

Diorのホリデーカラーで色っぽフェイスに…♡ 『ディオール バックステージ クチュール ホリデー コレクション』が登場

メイク

次に上段中央のカラーを上まぶた全体にのせる。シルバーとベージュの中間のような色味がきれいに発色。繊細なパールの煌めきも美しい。

続いて2段目の右端にあるゴールドカラーをアイホールに重ねる。

次は3段目の左端にあるピンク系カラーを二重幅に重ねる。色っぽい色味でありながら大人っぽさも感じさせるカラーがきれいに発色!

続いて3段目中央のカラーを目のキワへ入れる。深みのあるプラムカラーが目元を締めてくれた。

最後に2段目左端のカラーを下まぶたの中央から目尻側へ入れて完成!

ローズ&プラムカラーが上品で色っぽい、女性らしい印象の目元に仕上がった。華やかさもあり、デートにもぴったり。パールの輝きは繊細で上品なため、普段使いもしやすいのが嬉しい。また、プライマーをつけることでアイシャドウの発色がかなり良くなったような気がする。

続いてご紹介する『ディオール アディクト リップ グロウ 026 プラム/029 ブロンズ』(限定2色・価格 税込4,290円・2021年12月3日発売 ※数量限定)は、唇をケアしながらほんのり色づくティントリップバーム。自然由来成分97%(※1)配合で、唇を乾燥から守り、ツヤのある仕上がりとうるおいを長時間キープしてくれるのが特長だ。

(※1)自然由来指数97%(水0%を含む)ISO16128準拠

左から:026 プラム、029 ブロンズ

カラーバリエーションは「026 プラム」と「029 ブロンズ」の限定2色。ほんのりした血色感で唇を彩ってくれるため、口紅のベースとしても使える。

今回はアイパレットの色味と合わせて、「026 プラム」を実際に使ってみた。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ