無料の会員登録をすると
お気に入りができます

田中圭、ゲスト出演「ドクターX」で実現した10年越しの夢とは?

エンタメ

現在放送中の大ヒット医療ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)。11月25日に放送された第7話では、過去のシリーズに出演していたあの人気俳優がゲスト出演した。

「東帝大学病院の本部長・蜂須賀(野村萬斎)が病院のブランディングを推し進めるためにふさわしいとして田中圭演じる外科医・森本光に白羽の矢を立てます。森本は、かつて新米医師として東帝大学病院に勤務。熱意はあるが不器用なため外科技術の習得に苦戦。未知子(米倉涼子)のような一流外科医になりたくても、腕も自信もなく未知子に振り回されていました」(テレビ誌記者)

田中はドラマシリーズの第1期と第5期に出演。総合病院院長の息子であり、エリートコースを約束されていたが、未知子にあこがれ外科修業をすべく海外へ留学するなど、未知子を目標としてきた。そんな彼が東帝大学病院へ凱旋帰国。未知子に「もう僕は、あなたに泣きつくようなだめ医者じゃない。その気になれば、この病院を飲み込むほどの影響力を手にしたんです」と自信満々に宣言。その根拠は、彼が配信する動画「Dr.森本 元気モリモリチャンネル」がバズり登録者数50万人を誇る医療系インフルエンサーとなったことである。

森本は、動画で巨大バケツプリンを作ったり、モーニングルーティーンを紹介したり「1週間で腹筋を割ってみた」と上半身の裸体を晒したりする姿を配信。蜂須賀は彼の世間への影響力に目をつけ、コラボして東帝大学病院の公式チャンネルを開設することを発表したのだ。

この展開に対して、視聴者からSNSに多く寄せられたのが「圭くん夢のYouTuberだね」「ある意味YouTuberの夢叶ったね おめでとう」という声だった。

「田中は以前からYouTuberになりたいと公言していました。10月23日に出演した『あさパラS 2時間SP』(読売テレビ系)では“今後挑戦したいこと”について『夢なんですよ。10年くらい前からYouTuberなりたいなぁって』と語っています。また、2019年には出演CM『BOAT RACE振興会』の新CM発表会見でも、『事務所に“YouTuberになりたいんですけど”って言ったら、普通に怒られました(笑)』と明かしていました」(芸能ライター)

ドラマの中で夢が叶った田中。撮影中は、さぞノリノリだったに違いない?

(窪田史朗)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ