無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プロのメークさんが使っている[頬のシミを自然に隠す]テクニックって?

メイク

④指先でトントンと叩いて最後の仕上げを。パウダリーファンデーションの粉感を指先の温度でなじませることで作り込んだ感ゼロなナチュラル肌が完成します。

薄膜ベースだけでは隠れないくすみやシミがなくなりヘルシーに

目まわりの茶色い色素沈着と頰のモヤッとした陰りや細かなシミが見事に一掃。まぶたや目元の肌色が整うことで白目までもクリアな印象にチェンジ。

こちらもおすすめ!頰には点のミルフィーユを消えるまで繰り返して

左上から時計回りに、濃いめのシミをしっかりキャッチするなら、硬めテクスチャーのコンシーラーがベスト。ソフトマットコンプリートコンシーラー 全10色 ¥3,960(NARS JAPAN)、インテンス カバー コンシーラー 全7色 ¥5,500(SUQQU)、繊細な粒子でしっとり仕上がるパウダリーファンデを選ぶことがナチュラル仕上げのコツ。B.A パウダリィファンデーション 全6色 ¥14,850〈ケースセット価格〉(ポーラ)、エアリーパウダーファンデーション N 全7色 ¥6,160〈ケース、Wスポンジセット〉(RMK Division)

こちらの記事もおすすめ

2021年『美ST』12月号掲載
撮影/天日恵美子〈人物〉、サトウアサ〈静物〉 ヘア・メーク/千吉良恵子(cheek one)  スタイリスト/菊地ゆか モデル/樋場早紀 取材/森島千鶴子 編集/小澤博子

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ