無料の会員登録をすると
お気に入りができます

好感度が上がる!愛され女性の「会話テクニック」10つ

好感度を大きく左右しているのは、どんな会話をするかということ。今回は、誰からも愛され、信頼されるための会話テクニックをご紹介していきます。しっかり身につけて、人間関係をスムーズにしていきましょう。

2018年12月
ライフスタイル

愛される女性は会話が上手!

「この人素敵だな」、「感じがいいな」、「信頼できそう」…そんな風に感じるのは、容姿からではなく、実際に会話をした時ではないでしょうか。会話が上手だと、相手に好印象を与えることができるのです!

そこで今回は、愛される女性になるための会話テクニックをご紹介していきます。上司や後輩はもちろん、気になる男性からも好感度を持たれること間違いなし!ぜひ実践してみてください。

1.相手の発言を繰り返す

「そうなんですね」といった単純な相槌でも良いですが、相手が言ったことを繰り返すことで理解し、共感していることをより強く示すことができます。会話上手な女性が、さりげなく多用しているテクニックです!

「〜だったんだ」「へぇ!〜だったんですね!」といった具合に繰り返すだけで良いので、会話下手な方でも簡単にできますね。この話題に興味を持っているよと示すのにも、効果的です。

2.話を聞き終わってから話す

会話上手になるには、聞き上手になることが大切。話の途中で自分の意見などを言うのはタブーです!必ず相手の話をすべて聞き終わってから、話すようにしましょう。

これがしっかりできているかどうかで、相手に与える印象は大きく変わってきます。話を遮る女性は、自己主張が強く自分勝手だと思われてしまうこともあるので注意。焦らず話が終わるのを待ってみて!

3.相手の話したことを覚えておく

会話テクニック上級者は、相手のプロフィールを把握して、会話の幅を広げていきます。今はSNSからも情報をゲットできるので、事前にチェックしておいても良いですね。

こないだパン屋が好きだって言っていたな、さっき冷えに悩んでいるって言っていたなと情報を増やしていけば、盛り上げる話題がどんどん湧いてきます!的外れな質問をしてしまうこともなくなりますよ。

4.5W1Hで質問をする

5W1HとはWho(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)のこと。「へぇ」で終わらせず、この中から質問を選んで会話を広げましょう。

質問をするということは興味があるという気持ちを示すことになるので、聞かれた相手はとても嬉しく思います。この人と会話が続かない・・・と思ったときにも使えますよ。

自慢したそうな人にはHOWが効く!

自慢したいと思っている人には、HOW(どのように)が効果的!これは、相手が女性でも男性でも同じです。

「すごい!どうやったんですか?」 「どうやるんですか?教えてください!」といった言葉で自尊心をくすぐりましょう。

5.語尾を伸ばさない

語尾を伸ばさずに話すことで、大人の女性としての品格がアップします!特にしっかりした人に見られたい、信頼を高めたいという場面では、語尾をキッチリ強めに切ると効果的です。仕事でも使えますね。

語尾を伸ばした話し方だと、知的さが失われてしまうので注意しましょう。ダラダラと話す口調が、信頼度の低下にも繋がっているかも。

ギャップ萌えを狙うなら語尾を伸ばす!

普段は語尾を伸ばさない話し方がおすすめですが、彼氏や気になる男性の前で少し違った自分を見せたいときには、語尾を伸ばしてみましょう。一気に甘えた雰囲気になります♡

6.最後を優しく発音する

最後の一文字を小さく発音することで、優しく丁寧な印象を与えることができます。「~です」の場合、最後の「す」をほんの少し小さく発音するだけでOK。それだけで、聞こえが良くなります。

無意識に最後の一文字を強く発音している女性は、キツイ印象を与えてしまっているかも。実際に発音して確かめてみましょう。

7.声のトーンを使い分ける

楽しいときには楽しそうに高い声で、悲しい話は低く小声で話すのも、会話を上手に進めるテクニックです。それに合わせて、表情も明るく、暗く、真面目に、悲しそうになど話によって変えてみましょう。

相槌を打つときにも意識してみて!残念な話をされたときには、心から残念そうな声で応えてあげましょう。自分に寄り添ってくれていると思われ、好感度がアップします。

8.時には“知らないフリ”をする

あなたに伝えたいと思って話したことを「それ知ってる!」「らしいよね」と言葉をかぶせてしまっていませんか?それでは、せっかく良い情報をあなたに伝えようとしていたのに、がっかりした気持ちになってしまいます。

時には、相手の会話を盛り上げるために“知らなかったフリ”をするのが正解。しっかり聞いて、5W1Hで質問してみましょう。

9.起承転結を意識して話す

会話上手を目指すなら、起承転結を意識して話すことが大切です。特に女性はオチのない話をしてしまいがち。「で?」と反応に困ってしまうことも少なくありません。

お笑い芸人のように面白いオチを用意する必要はありませんが、「何が言いたかったのか」は明確にして話すと良いですね。こんなことがあってこう思った、といった感想でも良いので意識してみましょう!

10.懐かしい記憶に訴えかける

会話を弾ませるために、最新の情報は必要ありません!会話上手な女性はむしろ、懐かしいと感じさせる話題で盛り上げるのが得意です。

「あのとき~が流行っていたよね」「~って懐かしいね」など相手の記憶に訴えかける話題を提供してみましょう。懐かしい話は誰にとっても楽しいものです。相手の年代によって話題を変えることも大切です。

会話テクニックを身につけよう!

会話テクニックを覚えておけば、どんな人とでも会話が弾み、あなたの印象もぐっと上がります。人と会話を続けるのが苦手、という方にこそおすすめです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ