無料の会員登録をすると
お気に入りができます

歩くだけで美ボディに変わる♡正しい歩き方のポイント

正しい姿勢や歩き方をマスターするだけで美ボディになるそうです。そこで、今日から実践したくなる正しい歩き方を紹介します。ぜひ参考にして下さい。

2018年11月
美容

歩くだけで美しくなる

Photo by Katy Belcher / Unsplash

普段何げなく歩いていると、歩き方や姿勢がおかしくても気づかない事が多いと思います。正しい歩き方と姿勢をマスターするだけで体が美しく変化するそうです。そこで、明日から実践したくなる方法を紹介します。

間違った歩き方で起きてしまう症状

いつもより多く歩いた場合、体のあちこちが痛くなるという方は間違った歩き方をしているせいかもしれません。症状と歩き方の癖をチェックしましょう。

簡単な4つのチェック

Photo by rawpixel / Unsplash

①腰が痛い:腰が反ってしまっている。
②肩こり:猫背になっている。
③むくみ:主に前に踏み出した足で歩いている、後ろ足を使っていない。足裏を使っていない。
④関節の痛み:筋力が少ないので、体重が関節に強く乗ってしまい痛みが出る。

美ボディを作る正しい姿勢

正しい姿勢のために大事なのは、お腹を意識して引き締め、お尻はキュッと引き締めるイメージを持つ事です。壁に寄りかかり頭、背中、肩をつけると腹筋に力が入るのでぜひ試してみて下さい。

美ボディを作る正しい歩き方

美ボディを作る歩き方の大事なポイントは3つ。①姿勢:背筋を伸ばし顎を軽く引き胸を張って歩く。②スピード:早歩きを意識するとカロリーの消費がアップ。③かかとからおろす:すり足にならないようにする。

Photo by Daniel J. Schwarz / Unsplash

かかとから着地すると、足裏全体を使うので自然と足裏の血行を良くする事ができます。むくみが解消されスッキリしますよ。また1本の線の上にかかとのみが乗るように、つま先を外側に向けて歩くと高い効果が期待できますよ。

歩く距離と歩く時間は?

Photo by Brooke Cagle / Unsplash

痩せる目的としたウォーキングは20分以上が良いと言われています。体内の脂肪が燃焼され始める時間は運動開始20分後からと言われています。歩く距離は3キロぐらいから始めると体が徐々に慣れていきます。

効果的な時間は朝がオススメです

ウォーキングに効果的と言われる時間は朝です。体内時計がリセットされ1日のコンディションを整えてくれる効果が高いそうです。しかし朝にこだわる必要はありません。自分の生活で動きやすい時間を見つけましょう。

食後すぐはNG

www.pexels.com

いつ行っても良いウォーキングですが、食後すぐは胃に血液が集まってしまうため避けましょう。就寝前は、寝つきが悪くなってしまう事があるので、その場合はしっかりとクールダウンをしましょう。

季節の移り変わりを楽しみながら歩こう

Photo by Banter Snaps / Unsplash

何の道具もいらずに始められるウォーキング。季節の移り変わりを感じながら行うとより楽しくできそうですね。正しい姿勢で歩く姿は周りからもとても美しく見られますよ。ぜひ参考にして下さい。

記事に関するお問い合わせ