無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どんな形でも包める♡「風呂敷」を使ったギフトラッピングアイデア6選

プレゼントは可愛い包装紙でラッピングするのが定番ですが、一度しか使えないので少し勿体なく感じられませんか?そこで今、日本だけでなく海外でも注目されているのが、風呂敷。繰り返し使えてエコなのはもちろん、どんな形でも綺麗に包むことができますよ。

2018年12月
DIY

エコなラッピング術が大人気!

最近は海外でも、日本の風呂敷が「Furoshiki」として注目されているのだそう。繰り返し使えてお洒落♡ということで、ギフトラッピングに使う人が増えているんです。

そこで今回は、ギフト別に風呂敷を使った包み方をご紹介します。風呂敷として売られているものだけでなく、正方形の布なら何でもOK。スカーフなどを使っても素敵ですよ。

①ギフトボックス

一番使える基本の包み方♡

www.pexels.com

まず最初に、一番シンプルな四角い箱の包み方をチェックしてみましょう。結び終わった後に端を綺麗に広げるだけで、より美しく仕上がります。

箱を風呂敷の中心に置き、端を結ぶだけで完成です。動画のようにリバーシブルの風呂敷を使うと、簡単なのに手が込んで見えますよ。

②本

大きなリボンでインパクトのある贈り物に

Photo by Daria Nepriakhina / Unsplash

本をプレゼントするときも、定番の紙袋の代わりに風呂敷で包んでみませんか?こちらの包み方は大きなリボンが可愛くて、パッと目を引く贈り物になります。

本全体を風呂敷で覆ってから、固結びをしましょう。最後に両端を内側に折り込むと、可愛いリボンができあがります。

③ワインボトル

2本のボトルがスッキリ収まる!

ラッピングに悩む2本のワインボトルも、風呂敷があれば綺麗に包むことができます。ただし、風呂敷だけでは外からの衝撃に弱いので、持ち歩く際は丈夫なバッグなどに入れてくださいね。

記事に関するお問い合わせ