無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どんな形でも包める♡「風呂敷」を使ったギフトラッピングアイデア6選

プレゼントは可愛い包装紙でラッピングするのが定番ですが、一度しか使えないので少し勿体なく感じられませんか?そこで今、日本だけでなく海外でも注目されているのが、風呂敷。繰り返し使えてエコなのはもちろん、どんな形でも綺麗に包むことができますよ。

2018年12月
DIY

エコなラッピング術が大人気!

最近は海外でも、日本の風呂敷が「Furoshiki」として注目されているのだそう。繰り返し使えてお洒落♡ということで、ギフトラッピングに使う人が増えているんです。

そこで今回は、ギフト別に風呂敷を使った包み方をご紹介します。風呂敷として売られているものだけでなく、正方形の布なら何でもOK。スカーフなどを使っても素敵ですよ。

①ギフトボックス

一番使える基本の包み方♡

www.pexels.com

まず最初に、一番シンプルな四角い箱の包み方をチェックしてみましょう。結び終わった後に端を綺麗に広げるだけで、より美しく仕上がります。

箱を風呂敷の中心に置き、端を結ぶだけで完成です。動画のようにリバーシブルの風呂敷を使うと、簡単なのに手が込んで見えますよ。

②本

大きなリボンでインパクトのある贈り物に

Photo by Daria Nepriakhina / Unsplash

本をプレゼントするときも、定番の紙袋の代わりに風呂敷で包んでみませんか?こちらの包み方は大きなリボンが可愛くて、パッと目を引く贈り物になります。

本全体を風呂敷で覆ってから、固結びをしましょう。最後に両端を内側に折り込むと、可愛いリボンができあがります。

③ワインボトル

2本のボトルがスッキリ収まる!

ラッピングに悩む2本のワインボトルも、風呂敷があれば綺麗に包むことができます。ただし、風呂敷だけでは外からの衝撃に弱いので、持ち歩く際は丈夫なバッグなどに入れてくださいね。

2本の瓶の底をくっつけた状態で風呂敷の上に置き、包んでいきましょう。くるっと巻いて端を結ぶだけなので時間はかかりません。

④ジャムなどの小瓶

ウサギみたいな耳がキュート♡

瓶に詰めた手作りジャムやスクラブなどはそのままでもお洒落ですが、もっと可愛くしたいときは風呂敷で包んでみましょう。端を長めに残してピンと立てると、ウサギの耳のようなシルエットになります。

こちらの動画のように、瓶のサイズに対して少し大きめの風呂敷を使う方が耳が長く仕上がります。結び方そのものが可愛いので、シンプルな無地の布で包んでも良さそうですね。

⑤お菓子

細々したものは巾着袋にまとめて

手作りのお菓子などは箱に入れるとかさばるし、中身が見える透明袋ではサプライズにならないですよね。紙やビニールなどで包んでから風呂敷で作った巾着に入れれば、細々したものが綺麗にまとまりますよ。

詳しい包み方は、動画の0:35からをチェックしてみてください。最初に2ヶ所を結び、さらに2回結ぶだけで巾着袋の完成です。持ち手もできるので、持ち運びしやすいのも嬉しいですね。

⑥果物や紙

蓋を閉めたくないギフトに最適♡

新鮮な果物や型崩れしやすい紙製品などふたを閉めずに渡したいものには、風呂敷で可愛くアレンジしたバスケットがおすすめです。こちらも持ち手付きなので、そのまま持ち歩けますよ。

こちらの動画では、風呂敷を結ぶだけでなくリボンも使って固定しています。可愛く見えるだけでなく、しっかり形をキープすることができますよ。さらに細かく切った紙も入れれば、衝撃にも強くなります。

どんなものでもお洒落に包める♡

日本では風呂敷を自分で持ち帰りますが、包装紙と同じようにそのまま渡すのが海外流だそうです。贈る相手が好きそうな色や模様の風呂敷を見つけたら、心を込めてラッピングしてみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ