無料の会員登録をすると
お気に入りができます

松嶋菜々子、夫・反町隆史の「相棒」卒業で16年以来の主演ドラマ出演か

エンタメ

女優の松嶋菜々子に久しぶりとなる主演ドラマ出演の可能性を12月1日、ニュースサイト「日刊ゲンダイDIGITAL」が報じた。

同記事によると、夫で俳優の反町隆史が現在出演中のドラマ「相棒」(テレビ朝日系)をシーズン20をもって降板することに伴って松嶋が注目を浴び始めているという。というのも、反町・松嶋夫婦は一方が連ドラに入るともう一方は仕事をセーブし、家庭を守るスタイルで育児してきたためだ。しかし、近年は反町が15年から「相棒」に連投中のため、松嶋が主演した連続ドラマは11年の「家政婦のミタ」(日本テレビ系)以降、目立った活躍はない。そのため、反町の「相棒」卒業後は松嶋が連ドラ主演で本領発揮するのではと考えられているのだ。

ネットではこの記事に対して《どちらも出ずっぱりじゃなくて交代で出てくるようにしてるならメディア出演が多すぎて飽きられることもないし家庭としてもいい戦略ですね》《松嶋さんが出てると何でもついつい見てしまうんですよね。美人で声も綺麗で穏やかな雰囲気で、何もかもが素敵》《存在感はもちろん、高い演技力で視聴率を稼げる女優だと思う。二面性を持った役どころをぜひ見てみたい》などの感想のほかに《私は江口さんとの救命病棟24時の続編が見たいです!》《家政婦のミタの令和版を見たいです》《いい人の役柄を演じるよりもダーク的な役柄を見たい》《堤真一さんとの「やまとなでしこ」の続編を単発のスペシャルドラマでいいので見てみたいです》など、過去の人気作の続編を期待する声も寄せられた。

「松嶋が主演を務めた『家政婦のミタ』は平均視聴率24.7%、最終回は40%まで到達した大ヒット作。そのためか以降の作品が目立たないのですが15年はスペシャルドラマ『レッドクロス~女たちの赤紙~』(TBS系)、16年には連続ドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)、17年にスペシャルドラマ『女の勲章』(フジテレビ系)、18年にスペシャルドラマ『誘拐法廷~セブンデイズ~』(テレビ朝日系)で主演を務めています。とはいえ連続ドラマが決まれば16年以来となるため、久しぶりなのは間違いありません。

また、反町は『相棒』が終わっても22年春にはWOWOWでの主演ドラマが控えています。松嶋が主演ドラマを務めるとするならば早くても来年の後半になるのではないでしょうか」(芸能記者)

ファン待望の主演ドラマはもう少し先になるのかもしれない。

(柏原廉)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ