無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ごめん」って言うだけなのに…謝らない人は何を考えてる?

ライフスタイル

自尊心が強い、プライドが高い

対処法:「ごめんね」の後に指摘

謝るのは自分が悪いと認める行為です。そんなことをしたら、自尊心やプライドが傷つくので、意地でも謝りたくない人もいます。自分が優位にいたいのでしょう。「謝ったら負け」とさえ思っているのかもしれません。

そんな人に「謝って!」と言うと、頑なに拒否するでしょう。それならこちらから謝ってしまうのです。「〇〇についてはごめんね」と。低姿勢に誠意を見せれば、相手も態度を軟化させます。

その後に「~~の件はこうしてほしいな」と相手へ指摘しましょう。相手がたとえ謝らないとしても、間違った点を理解し、改善はしてくれるはずです。

「自分が悪くない」と本当に思っている

対処法:「傷つけた」事実を伝える

明らかに自分が悪いとしても、「それは違う」と認めない人もいます。ものすごく頑固で、自分が正しいと思うことしか認められません。そのため、仮に「間違っている」と説明しても理解できないのです。

そんな人には、「あなたの言い分も正しいのかも」とまず相手を受け入れましょう。それから「たとえ意図していなくても、私は傷ついた。それに対してどう思う?」と傷つけられたり迷惑をかけられたりしたことを問いかけます。

自分に理解を示してくれる人を傷つけたと思えば、たとえ意図的ではないとしても「申し訳ない」という気持ちになり、謝る人もいます。それでも「自分は悪くない」と言い続けるなら諦めましょう。いくらでも周りを傷つける人ですから、離れるのが賢明です。

他人に責任を押しつける

対処法:罪悪感に問いかける

ケンカをしても相手のせい、ミスをしても誰かの責任。最終的には「自分の責任ではない」と結論づけている無責任なタイプもいます。これもまた弱い人です。ミスを認めて自分が傷つくのを無意識に避けています。

「本当に少しだけでも“悪いな”って気持ちはないの?」と聞いてみましょう。罪悪感があれば「まあ少しは悪いと思ってるよ」くらいは言うかもしれません。それが相手の謝罪の気持ちだと思ってあげましょう。

「ない!」と答える人は、罪悪感も何も感じないのでしょう。たとえ悪いと思っていても、相手より自分を優先させる人ということ。これ以上付き合うと傷つくだけなので、距離を置くことをおすすめします。

記事に関するお問い合わせ