無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ごめん」って言うだけなのに…謝らない人は何を考えてる?

ケンカをしたときや迷惑をかけられたりしたときに、相手から「ごめんね」の一言が欲しいですよね。しかし、絶対に謝らない人もいます。そんな人は何を考えているのでしょうか。

2018年12月
ライフスタイル

絶対に謝らない!という人って…

何を考えているの?

ケンカをしたりミスで迷惑をかけられたりしても、絶対に謝らない人が身の回りにいませんか?「ごめん」と言うだけなのに、どうして言わないのか。心が傷ついたままで、もやもやとしてしまう人もいるでしょう。

そんな絶対に謝らない人の心の内がわかれば、謝らない理由もわかるかもしれません。そこで、謝らない人が何を考えているのか、どんな人なのかを解説します。特徴に合わせた対処法も知っておきましょう。

弱い自分を見せたくない

対処法:傷ついた姿を見せて良心に訴える

謝らない人の中には、弱い人がいます。いつも偉そうにしている人の方が内面はナイーブなことが多いです。謝ってしまうと自分が悪いのだと傷つきます。立ち直れないほどつらいのです。そんな弱い自分を見せたくないのでしょう。

そんな相手にはこちらが傷ついた姿を見せましょう。こちらも相手に傷つけられたり、迷惑をかけられたりしているのですから。そのつらさや苦しさを見せるのです。

相手もさすがに良心が痛みます。謝らない方が自分にとっても傷つくことだと理解すれば、謝ってくれるかもしれません。

謝らなくても許されてきた

「許さない」態度で誠意を引き出す

今までの人間関係で謝らなくても許されてきた人もいます。なので「悪いな」と思っても謝らずにやり過ごそうとしたり、そもそも罪悪感を感じなかったり、「謝らない」方法を選ぶのです。

そんな人には「許さない」という態度を示しましょう。あまりにもひどいことをされたら、相手の誠意が見えるまで許さなくても良いのです。あなたの心を守るための手段でもあります。

態度だけでは伝わらないかもしれないので、「誠意が見えるまでは私は許せない」とはっきり言っても良いでしょう。さすがにあなたの変化に気づき始めて、どうしたら良いのか一生懸命考えるはず。そうしてやっと相手の誠意を引き出せるのです。

記事に関するお問い合わせ