無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どうせ切るなら髪で社会貢献♡今話題の「ヘアドネーション」って?

今話題の「ヘアドネーション」。大人の女性なら、社会貢献、寄付に対する正しい知識を知っておくのもたしなみのひとつ。ヘアドネーションのやり方や意義についてご紹介します。

2018年11月
美容

大人の女性なら知っておきたい「ヘアドネーション」

unsplash.com

最近、多くの芸能人やモデルが参加することで話題になっている「ヘアドネーション」。自分の髪を寄付することで簡単に社会貢献ができるんです。大人の女性なら知っておきたいこの活動についてご紹介します。

そもそも「ヘアドネーション」とは?

Photo by ika dam / Unsplash

ドネーション(donation)は英語で「寄付」のこと。事故や病気などで髪の毛を失ってしまった18歳以下の子供たちに、医療用のウィッグを無料で提供するボランティア活動です。

ヘアドネーションに参加した芸能人

unsplash.com

たくさんの芸能人がヘアドネーションに参加しています。SNSで#hairdonationや#ヘアドネーションで検索すると、多くの体験談が見つかります。

instagram.com

ロングヘアのイメージが強い柴咲コウさんやダレノガレ明美さんもヘアドネーションに参加しています。ショートヘアもオシャレで大人可愛いと人気です。

ヘアドネーションのやり方は?

Photo by Holger Link / Unsplash

ヘアドネーション賛同サロンや、行きつけのサロンでヘアドネーションに参加できます。予約時にヘアドネーションに参加する旨を伝えておくと当日の流れがスムーズです。もちろん自分で切ってもOKです。

Photo by Joanna Kosinska / Unsplash

賛同サロン以外で切る場合、切った毛髪は自分でヘアドネーション機関に送るようになります。
詳しい送り方や賛同サロン一覧はホームページで丁寧に説明されています。

JAPAN HAIR DONATION&CHARITY(ジャーダック)
NPO法人HERO(ヒーロー)

ヘアドネーションを行うための条件は?

Photo by Fezbot2000 / Unsplash

髪の状態はヘアカラーやパーマをかけていても大丈夫です。ただ、髪の長さは「31センチ以上」が望ましいとされています。フルウィッグを作るために必要な髪の長さが31センチだからです。団体により異なりますが、JHD&C(ジャーダック)は、15センチ以下の髪は転売などをしウィッグの制作費に役立てているため受付可としています。

JHD&C(ジャーダック)
unsplash.com

思春期の子供たちにとって、毛髪の問題はとてもデリケート。いじめにあって傷つく子供もいるそうです。違和感のない、その子に合った人毛のフルウィッグを作ってあげるためには31センチ以上の毛髪が必要です。

unsplash.com

結婚式などのイベント後は伸ばした髪を切る人も多いですよね。そういったタイミングでぜひヘアドネーションに参加してみてはいかがでしょうか。

これを機に大人可愛いショートヘアに挑戦も

hair.cm

ヘアドネーションに参加することで、今までしたことのないヘアスタイルに挑戦してみては?こちらのようにちょっとサイドが長めのショートボブなら、チャレンジしやすいかもしれません。

hair.cm

暗めの髪色で自然な感じのボブスタイル。前髪があると可愛い雰囲気が作れます。

大人女子こそヘアドネーションも選択肢に

unsplash.com

年齢を重ねるごとに、自分のためだけではなく周りのことを考えられる女性にこそ魅力を感じられますよね。どうせ切るなら、ヘアドネーションに参加してみるのも選択肢のひとつではないでしょうか。

記事に関するお問い合わせ