無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これさえあれば机の上がすっきり♡「ペン立て」のDIYアイデア6選

机の上をすっきりさせたいときの必需品と言えば、ペン立てですよね。文房具をまとめて入れるだけで、すっきりした状態をキープできますよ。そこで今回は、簡単なペン立ての作り方をご紹介します。

2018年12月
DIY

机の上のスッキリさせたい!

ペンや定規などの文房具が増えてくると、机の上はあっという間にゴチャゴチャになってしまいますよね。身近にあるものでペン立てを作って置いておけば散らかりにくくなり、仕事や趣味に集中できるようになりますよ♡

①紙コップ

まず最初に、とっても簡単なペン立ての作り方をご紹介します。紙コップ2つであっという間に作れるので、一時的にモノが増えてしまったときの収納場所としても重宝しますよ。

動画を見ながら作ってみましょう♡

1つの紙コップを半分に切り、もう1つの紙コップと合わせるだけで完成です。さらに全体の高さや円径と同じサイズの紙を巻きつけてギュッと押し込めば、糊などを使わなくても固定できますよ。

②紙パック

creon-diy.jp

お気に入りの可愛いマスキングテープがあったら、紙パックに貼ってペン立てを作ってみませんか?パックに色を塗っておくと、文字などが透けず綺麗に仕上がります。

紙パックで、可愛いペンホルダー!

③折り紙

折り紙で作った箱はすぐに型崩れしそうですが、2枚を組み合わせれば丈夫になります。無地の折り紙だけでなく、クリスマスなど季節に合った模様の紙で折っても可愛くなりそうですね。

動画を見ながら作ってみましょう♡

必要なものは20×20cmの折り紙2枚と7×7cmの厚紙1枚です。動画のように折り紙を折って組み合わせたら、底となる部分にカットした厚紙を糊で貼りつけましょう。

④アイスキャンディーの棒

DIYで人気のアイスキャンディーの棒は、ペン立て作りにも役立つアイテムです。こちらの動画では厚紙と組み合わせていますが、麻素材などハリのある布などを使ってもお洒落に見えますよ。

動画を見ながら作ってみましょう♡

26×10cmの厚紙を用意して、26cmの辺は両端から1cmの位置に、10cmの方には1cmごとに線を引いてくださいね。両端をそのままにして、線を引いた部分にだけ切り込みを入れます。

切り込み部分に、アイスキャンディーの棒を上下交互に通しましょう。空き缶などに巻きつけて、両端を接着剤で貼り合わせれば完成です。

⑤雑誌

Photo by Clem Onojeghuo / Unsplash

もう読まなくなった雑誌があったら、何ページか切り取ってペン立てにリメイクしてみてはいかがでしょう?1枚ずつは薄くてペラペラですが、丸めて貼り合わせると丈夫になるんです。

動画を見ながら作ってみましょう♡

雑誌は1ページずつ切り取り、角を切り落としておきましょう。細いストローなどにギュッと巻きつけて、糊で固定します。糊が乾いたらストローを外してくださいね。これをたくさん作り、グルーガンで貼り合わせます。

ガムテープの芯などを使って丸い形に整えて、底に段ボールを貼りつければできあがりです。このままでもOKですが、全体をスプレーペンキやアクリル絵の具でペイントするとインテリアに馴染みますよ。

⑥セメント

Spirit on Instagram: “New video! Pencil holder that doubles as a memo board ✏📌 the link is in my bio”
instagram.com

セメントで作ったペン立ては、ずっしりと重くてお店で買ってきたような仕上がりです。レゴを使うと仕切り付きの型を簡単に作ることができますが、無ければビニールテープで覆った箱などでもOKですよ。

動画を見ながら作ってみましょう♡

0:30~のようにレゴを組み立てて、仕切りのあるペン立ての型を作ります。コルクシートを貼れるように、1面は凹ませておいてくださいね。できあがった型は、ビニールテープでしっかりとカバーしておきます。

パッケージ通りの分量で水とセメントを練り、型に注いで乾くまで待ちましょう。24時間ほど経ったらレゴを外し、3枚重ねにしたコルクシートを貼れば完成です。レゴ以外の材料は100均で手に入りますよ。

手作りならぴったり合うサイズに♡

お店でもペン立てを買うことはできますが、手作りすれば用途やお手持ちの本数にぴったり合うものが手に入りますよ。整理整頓に役立つので、1つ作っておいてはいかがでしょうか?

記事に関するお問い合わせ