無料の会員登録をすると
お気に入りができます

巡りをよくして「やせスイッチ」をONにする千波式太もものストレッチ

女性であれば誰もが憧れる「スラッとした美脚」。しかし、実現するのは難しいと感じている女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、美容家・千波さんの著書『肥えグセが吹っ飛ぶ やせるストレッチ』(ワニブックス)から、美脚に導く太もものストレッチ方法をご紹介します。

千波 Chinami

美容

千波さんのダイエットヒストリー

かつてはぽっちゃり体型であったという千波さん。そんな自分に嫌気がさし、極端な食事制限をスタートしました。その結果、1年で20kgダウンさせることに成功したものの、不調やイライラに悩まされることに。
そこから17kgのリバウンドを経験し、次は仕事のストレスで8kgのダウン。その後も体重の変動をくり返し…いつしかその原因がストレスやメンタルにあることに気づき始めました。

そんな中、パーソナルトレーニングジムで「引き寄せの法則」と出会います。「引き寄せ」とは「すべてのできごとは自分が望んだから起こる」という考え方。「私は変われる」と思えば「変われる」のです。「自分と向き合う」「考え方を変える」ということが、ダイエット成功につながるということを学びました。

メンタルをじょうずにコントロールして、ダイエットを優位に進めていきたいですね。

ストレッチ+エクサが効果的な理由

やせるためには「ストレッチだけ」では効果が期待できません。同様に、エクササイズだけ行っても十分な効果は期待できないのです。ストレッチは、エクササイズの脂肪燃焼効果を最大限に引き出すためのもの。

じつは、体が硬いことでムダな肉がつきやすくなっている人は、結構多いのです。だからこそ、ストレッチとエクササイズの2つをセットでとり入れることが大切になってきます。

今回は千波さんの著書「肥えグセが吹っ飛ぶ やせるストレッチ」の中から、厳選して太もものストレッチを2種類ご紹介します。

5分でOK!2種類のストレッチ法

今回、千波さんに教えていただくのは、脚のリンパの流れをよくし、むくみを解消させるストレッチ。エクササイズの前にとり入れて、巡りをよくしていきましょう。

とかげのポーズ

腸腰筋から大腿四頭筋を伸ばすポーズ。リンパの流れを促進します。

(1)左のひざを立てて足を前につき、右の脚はうしろに伸ばします。左脚は、左手の外側に来るようにしましょう。

(2)ゆっくりと上半身のみを前に倒していき、ひじから先を床につけて30秒キープ。左右の脚を入れ替え、同様に行いましょう。

太もものむくみを撃退するストレッチ

太もものむくみに効果的なポーズ。ベッドの中でもできるので、むくみを感じるときは寝る前にこのポーズだけ行ってもOK。

(1)あお向けに寝て、両手で右ひざを抱え込みます。この状態で30秒キープ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ