無料の会員登録をすると
お気に入りができます

暖かいストーブの前で、手作りの生チョコケーキと水出しコーヒーを/軽井沢「旦念亭」

軽井沢に、40年の歴史を持つ喫茶店があります。クラシックで落ち着ける静かな店内で、8~12時間の時間をかけて抽出する深炒りの水出しコーヒーや、4日間かけて丁寧に作る自家製の生チョコレートケーキがいただけると聞いて、訪ねてみました。

MIFA

旅行・おでかけ

軽井沢に、40年の歴史を持つ喫茶店があります。クラシックで落ち着ける静かな店内で、8~12時間の時間をかけて抽出する深炒りの水出しコーヒーや、4日間かけて丁寧に作る自家製の生チョコレートケーキがいただけると聞いて、訪ねてみました。

軽井沢駅から徒歩2分

「旦念亭」は、軽井沢駅をおりてすぐの場所にあります。まるで外国にあるプチホテルのような、可愛らしい外観とアーチ型の窓が特徴的です。
クラシックなインテリアの店内へ足を踏み入れると、重厚感ある佇まいに時間が止まったような錯覚さえ覚えるほど。それもそのはず、軽井沢で知らない人はいない、創業40周年を迎えた老舗の喫茶店なのです。

店内でひときわ存在感を放つのが、薪が置かれた大きな暖炉。パチパチと火がはぜる音を聴きながら、コーヒーを飲んでゆっくりと過ごす時間は何よりのリラックタイムになりそうですね。

晴れた日には、緑いっぱいのテラス席も穏やかで気持ちが良いですよ。

1日100杯以上出ることも。自慢の「水出しコーヒー」

「水出しアイスコーヒー」(700円)持ち帰りもできます

入り口側に備えられた計6台がフル稼働

「旦念亭」の代名詞とも言えるのが、最大12時間かけて作られる水出しのアイスコーヒー。コーヒー粉をセットし、その上に水のタンクを置いて、一秒間に一滴ずつ水を落として作るコーヒーです。
深炒りのコーヒー粉から一晩かけて抽出するため、コーヒー豆のエキスが凝縮されて余計な雑味がなく、香り豊か。飲めば、誰もがその濃厚な口あたりに驚くと言います。
長野県の代表的な湧水である「白糸の滝」を使用しているため、水がおいしいのも特徴です。一度に作れる量はわずかにも関わらず、夏には1日100杯以上は頼まれるというのも頷けます。

店主の土屋さんにおすすめの飲み方を伺うと、「まずはブラックでそのまま。次にシュガーシロップを少し入れることですっきりした甘さを感じることができ、最後にミルクを入れると、旨味とコクが増してさらに違った味わいが楽しめます」とのこと。ぜひ試してみてくださいね。

4日間かけて味を染み込ませた「生チョコケーキ」

「生チョコケーキ」(650円) 地方発送も可能

オリジナルの「生チョコケーキ」は、オーブンを使わず4日間じっくり寝かせて作り上げた、「旦念亭」でしか味わえない逸品。
少し凍ったケーキが口の中でほどよく溶ろけ、カカオの風味と生クリームのまろやかさがベストマッチ。不思議な食感と上品な甘さがクセになる、大人のスイーツです。

1日6食限定の「キッシュ」(ベーコン&オニオン/サーモン&オニオン、ドリンク付きで1250円)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ