無料の会員登録をすると
お気に入りができます

宝物が眠る〈関西蚤の市〉へプレゼント探しに行こう! さらに豆皿市&北欧市も同時開催

Yu Miyakoshi

旅行・おでかけ

2018年12月1日(土)・2日(日)、JRA阪神競馬場にて〈第5回 関西蚤の市〉が開催されます。これは〈東京蚤の市〉〈布博〉などの人気イベントを主宰する編集チーム〈手紙社〉さんによるマーケットイベント。昨年は入場者数が2日間合わせて55,000人を超えたそう。

関西蚤の市では、国内外の古家具・古書・古着屋が集う蚤の市に加えて、クリスマスマーケットのような〈関西北欧市〉や、〈関西豆皿市〉も同時開催されます。さらに、ステージでのライブやワークショップも。今年も盛り上がりそうですね!

出店者は、古道具 つむぎ商會(大阪)、夜長堂(大阪)、タユタフ(石川)、アトリエパーシモン(兵庫)、kubu(兵庫)、北中植物商店(東京)、はいいろオオカミ+花屋 西別府商店(東京)、OLD NEW THING(東京)、MOTHER LIP(東京)などなど。

手紙舎(東京)の「ナポリタン」。関西蚤の市では「キーマナポリタン」を提供予定です。

餡焚き屋中井(大阪)、山食音(京都)、シチニア食堂(兵庫)、コウボパン小さじいち(鳥取/MAP109)、USHIOCHOCOLATOL(広島)、日光珈琲(栃木)、cafeゴリョウ(北海道)などが出店します。

ぜひチェックしたいのは、かわいい豆皿が大集合する〈関西豆皿市〉。 村上美術、竹村聡子さん、瀬川辰馬さん、かまわぬ、KUTANI SEAL、ミヤマリカさんなどのお皿が並びます。

蚤の市で楽しめるのは、お買いものだけではありません。ステージでは、会場を暖めるライブを開催。出演者は、1日はザッハトルテ、ビューティフルハミングバード、栗コーダーカルテット、2日はオオヤユウスケさん、カジヒデキさん、樽木栄一郎さんです。

ワークショップメニューは、お子さんから参加できるプログラムがいろいろ。atelier coinによる「真鍮&シルバーリングと髪留めのワークショップ」里山ハンモックによる「ハンモックあみあみワークショップ」Biscuitによる「100%ウールを使った動物づくり!」などが楽しめます。

atelier coinによる「真鍮&シルバーリングと髪留めのワークショップ」

ワークショップでつくった作品は、プレゼントにしても喜ばれそう。今年のクリスマスプレゼントは、手づくりしてみてはいかがでしょうか?詳しい内容は、公式サイトもチェックしてみてくださいね。

information

第5回 関西蚤の市

開催日:2018年12月1日(土)、2日(日) ※荒天の場合をのぞき、雨天決行。中止の場合は、当日朝7時までにホームページで告知されます。
時間:9:00〜16:00
会場:JRA阪神競馬場・セントウルガーデン
住所:兵庫県宝塚市駒の町1-1
アクセス:阪急今津線「仁川」駅 徒歩5分
入場料:200円(競馬場の入場料となります)
主催:手紙社・JRA阪神競馬場
Web:関西蚤の市 東京蚤の市 Facebook

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ