無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眠れない夜にはこれ!「脱力ストレッチ」で心も体もリラックス

デスクワークなど、日常生活で前傾の姿勢でいることが多い人は、肩が内側に閉じてこってしまいがち。就寝前の肩周りの脱力ストレッチで、心も体もリラックスさせてあげましょう。

八木 知美

美容

デスクワークの人におすすめ「肩を開く脱力ストレッチ」

眠れないときは、緊張した筋肉をほぐす脱力ストレッチをすれば、精神もリラックスしてきます。

《やり方》
【1】うつぶせに寝ます。腕を左右に伸ばしてTの字をつくって。

【2】右肩を下にして、ゆっくりと体を横向きにしていきます。
左手をついて、左ひざを立てていきます。

右肩の前側が気持ちよく伸びるところまで横向きになり、そのまま脱力します。
体重をのせて肩を開くことで、前傾姿勢でこりやすい鎖骨の下あたりの筋肉もストレッチできます。

<Point>
肩が気持ちよく伸びるところでストップ。痛く感じたら戻してください。
時間は心地よく感じるまで伸ばしてOK。目を閉じてよぶんな力を抜いて。

イラスト/武曽 宏幸

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ