無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

今年の冬は「素材」より「色」♡寒さ知らずのカラーコーデ見本帳

今年は暖冬とはいえ、やっぱり寒い! 普段のファッションも白や黒、グレーなど、無難にモノトーン系でまとめがちですよね。ハズすことはないですが、少し物足りない雰囲気に。そのいつものファッションに、今年のカラーを盛り込むだけで、グッとあか抜けた雰囲気になりますよ。

ファッション

冬の服選び、基準は?

冬は重ね着コーデで寒さ対策をしますよね。着回しが利くように、とモノトーンアイテムばかり選んでいませんか?無難なカラーで人を選ばないので、それなりに着こなせます。でも、オシャレ面で見ると少し物足りない感じが。

今年は「ベイクドカラー」に注目!

毎日のコーデに取り入れたいのがトレンドカラー。モノトーンカラーの差し色になり、一気にオシャレ度がUPしますよ!2018年冬のトレンドは、ずばり「ベイクドカラー」。「〜色」といった具体的なカラーを指さないのが今年風です。

「ベイク=焼く」から雰囲気をイメージできますか?目が覚めるような原色でなく、淡いパステルでもなく、その名のとおり、少しこんがりとしたニュアンスが加わった、スモーキーでこっくりとした色味を「ベイクドカラー」といいます。

「ハデめの色は少し抵抗が」「ミルキーな色は可愛すぎる」そんなLOCARI世代にピッタリの色味だと思いませんか?そんなベイクドカラーを、ぜひこの冬のコーデに取り入れましょう!

万能カラー“マスタード系”

wear.jp

お肌に近い色、マスタード系。トップスにもってくれば顔色をよく見せてくれますよ。今旬のたっぷりシルエットのセーターにはコンパクトなパンツが◎。センターだけパンツインすれば、脚長効果も期待できます。

wear.jp

今年のトレンド、リブニットも押さえたいアイテム。体にフィットするので、ボトムはボリュームのあるものを合わせるとバランスがよくなります。夏っぽい白ボトムも、マスタードと合わせることで温かみのある印象に。

wear.jp

マスタードカラーでぜひ取り入れたいアイテムがプリーツスカート。歩くたびに、生地の凹凸が光を受けて、とても煌びやかです。高級感のある雰囲気で、手軽に大人コーデを楽しめます。トップスは白はもちろん、黒も映えますよ。

品の良さ申し分なし“ブルー系”

wear.jp

原色に近い色だと似合う似合わないがはっきりするブルーも、グレーに近いベイクドカラーなら抵抗なく取り入れることができますね。落ち着いた色味なので、フレアスカートと合わせることで上品な印象になります。

wear.jp
記事に関するお問い合わせ