無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年の冬は「素材」より「色」♡寒さ知らずのカラーコーデ見本帳

ファッション

ボトムにブルーのベイクドカラーを合わせると、デニムチックに見えてカジュアルな雰囲気に。品のある大人カジュアルを目指すなら、ブルー×柄物がオススメです。中でも、旬顔のグレンチェックはトレンド感満載で注目度大ですよ!

wear.jp

ブルー系のストールはオシャレ度抜群!顔色が悪く見えそう…と敬遠されがちですが、チークとリップで回避できるのでご安心を。首周りにブルーを持ってくると、お顔をシャープに見せてくれる効果が期待できますよ。

オシャレ度満点“グリーン系”

zozo.jp

カーキよりも深い色味で、こっくりとした雰囲気が大人っぽいグリーン。2018年秋冬大注目のチェック柄とのコラボなら、トレンド感満載です。地味になりがちなブラウンとのコーデも、チェック柄が入ることで今風になりますね。

wear.jp

ダークカラーでボリュームたっぷりのセーターは重たくなりがちですが、ミックス糸が入ることでカジュアルな可愛さに。ボリュームの出すぎないボトルネックは小顔に見える効果も。フロントインでボトムはすっきりさせると◎。

wear.jp

品の良さとセンスの良さを独り占めできるのは、タイトなシルエットのワンピースです。深みのあるグリーンなら大人の品格もアピールできそう。タイトなのにフレアなシルエットがLOCARI世代にピッタリですね。

大人可愛い“ピンク系”

wear.jp

可愛すぎるピンクも、ベイクドテイストが入ったカラーなら落ち着いた雰囲気で着やすいですよ。デニムにキャップといったカジュアルコーデも、ベイクドピンクの効果で、やさしさのある大人なテイストに仕上がりますね。

zozo.jp

ピンクのボトムも、パープル寄りのベイクドカラーなら抵抗なく着こなせそう。ワイドシルエットは面積が大きくピンクが目立ちすぎるので、コンパクトなシルエットにまとめるのが正解。ハイウエストでスタイルアップを目指しましょう。

zozo.jp

ハードなライダーズジャケットもベイクドピンクならソフトな印象に。女性らしさ満点で、パンツスタイルはもちろん、スカートにもピッタリです。

zozo.jp

面積が大きいコートにピンクを持ってくる場合はベージュ寄りのカラーがオススメ。差し色として、インナー(トップスもしくはボトムス)に濃いピンクを合わせると完璧!オシャレ上級者に格上げです。

記事に関するお問い合わせ