無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬の電気代を節約するなら!暖房器具は使い分けるのがお得♡

ライフスタイル

節約テク:自動運転がベスト

エアコンは細かく設定を変えたり、ON/OFFするよりも、自動運転が最も電気代を節約できます。

狭い部屋の全体を暖めるなら…

オイルヒーター・セラミックファンヒーター

寝室や洗面所など家の中でも狭い空間の全体を暖めたいときには、オイルヒーターやセラミックファンヒーターがおすすめです。家のどこでも置けるので、狭い場所を暖めるのに向いています。

オイルヒーターは中に入っているオイルに熱を通すことで暖まる仕組みです。暖まるのに時間はかかりますが、風が出ないので乾燥や空気の汚れなどは気にならず、音も出ないので快適。日本の木造建築にも向いています。

ファンヒーターは温風で部屋を暖めるヒーターです。その中でもセラミックファンヒーターは電気のみを使います。温風なので乾燥は少し気になりますが、石油を使うよりも光熱費は安くなり、安全に扱えるというメリットも。

節約テク:窓際に設置する

窓は冷気が入ってくる場所です。窓の近くにヒーターを設置することで冷気をシャットダウンして、効率良く部屋全体を暖めることができます。

節約テク:ドアの開閉を減らす

ドアが開いて外から寒い空気が入ってくると、また部屋を暖めるために暖房器具の電気代がかさみます。なるべくドアの開閉は減らしましょう。

自分がいるエリアだけを暖めたいなら…

電気(ホット)カーペット・こたつ

家の中で自分が作業する場所だけ、テレビを見るときのリビングの一部だけ…など自分がいるエリアだけを暖めたいときには、電気(ホット)カーペットやこたつがベストです。

体に直接熱が触れることで、部屋が寒くても体は暖かいと感じられます。また電気代が低い暖房器具なので、エアコンやヒーターをつけるより節電にもなるんです。他の暖房器具と併用することで電気代も抑えられます。

記事に関するお問い合わせ