無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10kgやせ成功者がダイエット中の「困った!」を解決するために食べていたものとは?

ダイエットを続けていると、「だんだん体重が減らなくなってきたな」とか「お肌や腸の調子がいまいち」など、いろんな悩みが出てきますね。それらもダイエットをしている自分への体からのサイン。きっと「いま、これが足りていないよ」というSOSなのではないでしょうか? 10kgものダイエットに成功したライターの岩倉陽子さんは、そんなお悩みに合わせた対処法をしっかりもっていました。具体的に食べていたものを教えていただきましょう。

岩倉 陽子

ライフスタイル

順調に減っていた体重が減らなくなってしまったとき食べたもの

毎日ダイエットを意識しているのに、なかなか理想の体重にならないという方や、これまでは順調に減ってきていたのに、最近減らなくなってしまった、などダイエット中は悩みが尽きませんね。しかも体重が思うように減らないとダイエットのモチベーションが下がってしまいますよね。頑張っているのに体重が減らないという方は、もしかしたら体に必要な栄養素までセーブしてしまっていることが原因かもしれません。
というのも10キロのダイエットに成功した筆者も、過去にはカロリーをセーブしているのにやせず、原因がわからずツラい時期がありました。その経験から、体に必要な栄養素が足りていないとやせにくいことがわかりました。そこで積極的にとるようにしたものが以下の2食品です。

たんぱく質を多く含む食品

お肉や、お魚、卵などに含まれるたんぱく質。体重がなかなか減らず焦っていた時期に、カロリーを抑えるためにたんぱく質が含まれる食材をカットしたことがありました。すると、カロリーを減らしても体重が減らない時期が長引いてしまいました。

さらになんとなくやる気が出なくなり、満腹感や満足感がないせいで常にお腹が空いていて気づいたらお菓子をドカ食い…なんてことも。体にとって必須の栄養素のひとつと言われているたんぱく質が足りていないと、体が飢餓状態になってしまい体重が減りにくくなってしまうのだとか。

そこで小腹が空いたら卵やお豆腐を食べたり、ソイラテをいただくようにしてたんぱく質を小まめにとるようにしました。すると、食べていなかったときよりも体重が減りやすくなり。気持ちも安定しやすくなったという、うれしい効果も。

カロリーをセーブしているのになかなかやせないという方はもしかしたら、たんぱく質が足りていないかもしれません。ぜひ意識してみてくださいね。

ビタミンを多く含む食品

ダイエット中、体重が減らない時期に、やたら唇やお肌がカサカサしてしまうことがありました。何かのサインかと思い調べてみたところ、体に必要な成分であるビタミンが不足していると、やせにくくなりお肌もカサカサしてしまう場合があるということがわかりました。

それからは、ビタミンB群が含まれているほうれん草のおひたし、キウイなどのフルーツを積極的にいただくようにしました。すると唇やお肌の潤いも戻っただけでなく、なかなか減らなかった体重も減り始めてなんだか得した気分に。

カロリーをセーブしつつ、体に必要な栄養素をいただくこともダイエットのコツだと学びました。最近思うように体重が減らないという方は、ぜひ食事の仕方を工夫してみてくださいね。

やせても肌のハリやツヤを保つ食べものとは?

さきほども話しましたが、ダイエット中にふとお肌をさわるとなんだかお肌がカサカサしている…なんて経験ありませんか。ダイエットに成功したはいいけど、お肌のツヤがなくなってしまった…なんて避けたいですよね。

筆者はダイエットに成功した10kgやせたものの、肌年齢も実年齢マイナス10歳を保っているんです。そんな私が、ダイエット中に美肌を保つために積極的にいただいている食材をご紹介します。

MCTオイル

ダイエット中、油を避けていた時期に、お肌が乾燥してしまったり、荒れたりしてしまうことがありました。そこで、お肌のために良質の油を、種類を選んでとるようにしました。筆者が、お気に入りで、よくいただいていたのがMCTオイル。このMCTオイルは、中鎖脂肪酸が含まれていることが特徴。体内で貯まることがなく、効率よくエネルギーに転換され、ダイエット効果が期待できる良質のオイルと言われているのだそう。

また、少量のオイルをいただくだけでも、満足感がぐっとアップするので、ダイエット中には強い味方になってくれます。筆者は、サラダをいただくときには、MCTオイルをドレッシングに混ぜ、ドレッシングのコクや満足感を高めるようにしました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ