無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旅先の思い出を形に残そう♡簡単《トラベルスクラップブック》の作り方

旅行に言った時に必ずと言っていいほど撮る写真。シンプルにアルバムやSNSシェアもいいけれど、たまには自分の感性のままにオリジナルのスクラップブックを作ってみませんか?今回は初心者さんでもおしゃれなスクラップブックが簡単に作れる方法を伝授!

DIY

撮ったはいいけど管理が難しい旅の記録…

旅先で撮影した写真やちょっとした思い出、みなさんはどのようにしまっていますか?楽しくて写真をたくさん撮ってしまうのはいいものの、実際撮った写真はたま〜に見返すだけ…なんてこともあるのではないでしょうか?

もしくは、サクッとSNSにアップしていいね!がつくのを待っていたり。それはそれで楽しみたいところではありますが、せっかく撮った写真をただただデータとして残すだけ…なんてちょっと勿体無いかも。どうせなら、行った時の楽しい思い出や感じたことを思い出せるような何かを作りたくありませんか?

そんなわけで今回lamireは《トラベルスクラップブック》に注目してみました♡

写真やデコレーションを組み合わせて作るトレベルスクラップブックは、世界でただ一つのオリジナルの思い出帳。作り方がとても難しそうに感じるかもしれませんがご安心ください。これを見ながら作れば、あっという間に手の込んだ風の作品が出来上がりますから。

スクラップブックに必要な材料って?

以外にもシンプルなスクラップブックの材料。なんと揃えようと思えば、100均で全て…いや、家の中にあるものでも事足りてしまうんです。

確実に必要なのはこれだ!

土台となる台紙は、小さめで厚みのある紙のものが◎薄い紙のものだと少々作りにくいので、しっかり素材のものを選びましょう。

写真やデコレーションを切るのに必要不可欠。小さめのものもあると便利です。どちらも切れ味の良いものを!

手早く接着できるテープタイプが個人的にはおすすめ。粘着力も文句なしです。液体のりはうっかり汚れてしまいがちなので、なるべく避けるのがベターかも。

写真は「分割プリント」で小さく、たくさん!

写真は分割プリントなどで小さくしたものもあるとかなりデコレーションしやすいです。分割プリントとは、一枚に複数の写真がプリントされた写真のこと。大体の写真屋さんに設置してある機械などから選択することができます。

全て同じ大きさでプリントせずに、バラバラの大きさのものを用意することで動きのあるページを作ることができますよ。逆に、ミニマルな雰囲気にしたい人は同じ大きさで用意すると◎

デコレーションは雰囲気を統一させて

スクラップブックを作る上で欠かせないデコレーション。闇雲にかわいいと思うものを選ぶのではなく、「どんな雰囲気にしたいか」を考えながら選ぶと失敗しにくいです。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む