無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夜景スポットも要チェック。 丸一日楽しめる!クリスマスデートでおすすめ[横浜]カフェ・レストラン・バーはここ。

旅行・おでかけ

12月に入り、街はすでにクリスマスムード。今回は、クリスマスデートスポットで人気の横浜で行きたいカフェ・レストラン・バーをたっぷり7軒ご紹介。ランチに、カフェタイム、ディナーに使える名店はメモ必須。おすすめの夜景スポットも教えちゃいます!

編集部 / Hanako編集部

1.レトロ可愛い名物デザートでゆったり〈馬車道十番館〉

1970年創業、赤レンガの外観が目を引くこの店は、明治期の建築様式をもとに開港当時の洋館を再現して建てられた。

1階の喫茶室はシャンデリアや格子天井など贅沢な意匠が施され、館内には明治期の柱時計や軍艦「信濃丸」の革張りのイス、店先には本物のガス灯もあり、資料館のような側面も。自慢のドリップコーヒーにはミルクと砂糖のほかにホイップクリームが付くのも店の伝統だ。

外観の赤レンガを模した創業以来の看板デザート、十番館プディングロワイヤル850円。ブレンドコーヒー630円。

プリンやパフェ、生ケーキなどのデザート類は添加物を極力使わず作られ、変わらぬ真摯なおいしさがある。

愛らしい丸形が特徴のショートケーキ630円。

(Hanako1163号掲載/photo : Kenya Abe text : Yoko Fujimori)

馬車道十番館
神奈川県

馬車道十番館

2.ハイセンスなヴィンテージ家具と自家製デザートが楽しめる〈Café de Lento〉

美しいカリグラフィーの文字が目を引く看板。黒で仕上げたシックな外観に合わせ、ガラス面の木製の棚と店頭の小さなベンチは〈スタンダードトレード〉が手がけた。

この店こそ、高感度な人々から静かに、そして熱く支持される〈カフェ・ド・レント〉。店主の堀川学さんは、多くのファンを生み、惜しまれつつ閉店した下北沢の名店〈チクテカフェ〉の出身。10年にわたりこの人気店でスタッフとして働き、2012年の閉店を経て、約1年半後にここ元町に自身の店を開いた。

店内のアクセントとなっているのが照明器具。1960年代のガラスを使ったランプシェードのほか、日本の照明作家が手がけた唯一無二の照明があちこちに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ