無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鮮度をキープ!白菜の保存方法3つのポイント

ライフスタイル

丸ごと白菜の保存方法は「芯を取る・包む・立てる」でキマリ

丸ごと白菜を購入するときは、ずっしりとした重みがきちんとあって、巻きがしっかりとしているものを選びましょう。入手した丸ごと白菜の保存方法のポイントは3つ。この方法で涼しい場所に置けば約3~4週間持ちます。

カット白菜の保存ポイント

1.芯を取る
カットされているものは、芯があると葉が生長を続けて、鮮度が落ちてしまいます。芯の両端から斜めに切り込みを入れ、三角錐の形に切り落としましょう。芯を取るのが難しければ、包丁かナイフで芯に切り込みを入れるだけでもOK。

丸ごと白菜の保存ポイント

1.キッチンペーパーで包んでから新聞紙で包む
芯は取らず、丸ごとキッチンペーパーで包んでから、新聞紙で全体を包みます。寒い時期には、丸ごとの場合は冷蔵庫の野菜室でなくても、玄関やベランダなどの涼しい場所で保存できます。

2.立てておく
野菜は生えているときと同じ向きで保存すると長持ちするので、日光や暖気の当たらない場所に立てて保存を。外側の葉が変色してきますが、天然のラップとして内側のおいしさを守ってくれます。使うときには、乾燥している一番外側の葉は取り外しましょう。外から順に葉を外して料理に使っていき、小さくなったら冷蔵庫の野菜室へ。

カットした白菜は冷凍保存を

生のものは、ざく切りしてそのまま冷凍用保存袋へ入れて、冷凍。茹でたものは、ちょっと固めに茹で、水気をしぼってから、小分けしてラップで包んでから冷凍用保存袋へ入れて冷凍。(詳しくはこちら)

こちら

memo

生も茹でたものも、どちらも1カ月以内を目安に食べきりましょう。

最後に

今まで、ざく切りになった少量サイズの白菜を買っていた方も、これなら丸ごと買いでも心配ありませんね。日持ちするように保存すれば、長い期間食べられて、買い物の手間も省けて一石二鳥!毎日の食卓で、新鮮な白菜をたっぷり味わっていきましょう。

提供: VEGEDAY powered by KAGOME

毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ