無料の会員登録をすると
お気に入りができます

"男子ウケ"はコレ♡ モノ選びのプロが厳選!「1500円以下のプチギフト」6選

2018年ももうすぐ終わり。いつもお世話になっているあの人に、ちょっとした贈り物ができたら素敵。かしこまらずに渡せて、笑顔になってくれるような品物を選びたいけれど、男性向けのギフトは迷うもの。そこで、スタイリストやプレスといったモノ選びのプロたちに、オススメのギフトを教えてもらいました。

取材・文/藤井志織 星野寛奈

2018年12月
ライフスタイル

男の人へのギフトって迷う...

「ありがとう」や「よろしくね」の気持ちを込めて、さりげないプチギフトを渡したいシーンが増えるシーズン。とはいえ、男性向けのプチギフトは何を贈ったら喜んでもらえるのか、悩みますよね。センスのいいモノ選びのプロたちに、1500円以内でオススメのギフトを教えてもらいました。

おしゃれプロ① スタイリスト 樽山リナさん

雑誌・カタログ・広告などで、女性やキッズファッション、インテリアなどのスタイリングを手がけている樽山さん。モノ選びのプロである樽山さんがメンズ向けギフトに選ぶのは...

「H TOKYO」のハンカチ

撮影/樽山リナ

名入れして贈っても喜ばれそう

200種類以上のハンカチのほか、タオルやポケットチーフが揃うハンカチ専門店。刺しゅうによるイニシャルの名入れも可能。海外や日本の高級シャツ生地から、さまざまなデザイナーによるプリント柄まで、なめらかな手触りとしっかりとした耐久性のある上質な生地をセレクトしてハンカチに。縫製やプリントはすべて日本で行っているため、品質は確か。

男性には靴下かハンカチ!

「男性へのプチギフトは、実用性のある靴下かハンカチに決めています。こちらのお店では、チェックやストライプといったベーシックなものも、カラフルな色や柄ものも、たくさんの種類があるので、相手のイメージに合わせて選ぶのも楽しい。例えばこんなトラディショナルで気の利いたストライプ柄は、年齢を問わず、幅広い方に渡せます。もし男性にこんなハンカチを「どうぞ」と差し出された日には、もう恋に落ちてしまいそう!」

トラッドストライプハンカチ¥1,200/H TOKYO

H TOKYO 公式サイト
樽山リナさん HP
樽山リナさん Instagram

おしゃれプロ② スタイリスト 川村繭美さん

フリーのスタイリストとして、手芸などに関する書籍やCDジャケット、カタログ、広告などで活躍する川村さんが選ぶギフトは...

「青森ひば」の消臭材

撮影/川村繭美

抗菌だけでなく、精神安定の効果も

青森ひばは、腐食に強く、耐久性に優れた建築用素材として有名。抗菌効果や防虫効果も高く、古くから神社仏閣、城閣などにも使用されてきた木材。この青森ひばから抽出される精油に含まれる成分「ヒノキチオール」や「β-ドラブリン」は、抗菌、防虫、消臭、精神安定の効果があるそう。この成分が含まれる木は世界でもまれで、日本では青森ひばだけだとか。シンプルなデザインも、男性に好まれそう。

森林浴しているような清々しい香り

「防虫・防カビ効果の高い青森ヒバを、薄く削り出して不織布で包んだ防虫剤。なんとも清々しい香りで、まるで森林浴をしてるような気分にさせてくれます。上質なアイテムを大切に着ているような、素敵な男性にプレゼントしたいですね」。そのままクローゼットに入れて、だいたい3〜6ヶ月ほどして香りが薄くなってきたら、新しいものに交換を。

クローゼット用消臭・防虫材FOR CLOSET 3BAGS¥1,200/カルデサック

カルデサック 公式HP
川村繭美さん HP
川村繭美さん Instagram

おしゃれプロ③ スタイリスト中里真理子さん

フード、雑貨、インテリアのスタイリストとして、ライフスタイル誌をはじめ、多くの男性誌、女性誌などで活躍する中里さんが選ぶのは...

クラフトグリル by CASUSGRILL(TM)

撮影/中里真理子

北欧デンマーク生まれのグリル

段ボール紙、竹棒、竹炭と100%天然素材で作られたグリルは、北欧デンマーク生まれならではのシンプルで洗練されたデザインが魅力。付属の竹炭には着火剤がコーティングされているので、BBQ初心者でも簡単に点火でき、約5分後にはグリルできる温度に達します。そのまま約60分、熱をキープしてくれるから、分厚いステーキ肉もOK。A4サイズより少し大きいくらいのコンパクトなサイズで、約1kgと軽いので、持ち運びもラクラクです。本格キャンプだけでなく、休日のプチBBQやピクニックにも最適。

面倒な手間いらずで楽しめるアイテムを

「すぐに使えるし、使い終わったら捨てられるから、面倒な片付けやメンテナンスの手間がいらないのもいいところ。ベランダでも、さらりと魚や肉が焼けるので、気分が盛り上がります。差し上げた人はみんな、すごく喜んでくれていますよ」

クラフトグリル by CASUSGRILL (TM) ¥1200/エープラス

エープラス 公式サイト
中里真理子さん Instagram

※火事の危険や近所迷惑にならない環境下でご使用ください。

おしゃれプロ④ アタッシェ ・ ドゥ ・ プレス 鈴木純子さん

フリーランスのPRとして、食やライフスタイル分野などのPRを担当する鈴木さんが選ぶのは...

「FUJITAKA TOWEL 」のハンドタオル

撮影/鈴木純子

価格以上の使い心地を実感

タオルの名産地、今治の藤高タオルは、大正8年創立という歴史ある老舗。糸染めから仕上げまで自社で一貫生産できるのが強みで、さまざまな技術革新で、今治におけるタオルの品質向上を支えてきました。そんな藤高タオルが、みなさまにいいタオルを普段から使ってほしいという思いを込めて作った、とびきりのベーシックタオルがHOUSE TOWEL。綿選びのソムリエが選別した高品質な綿だけを、手で摘んで使った特別な糸を使用。価格以上の使い心地が自慢です。

「上質な日用品」を贈る

「毎日使うものにこそシンプルで上質なものを。創業100年、今治の老舗タオルメーカーのHOUSE TOWELシリーズは糸からオリジナルで作られたもので、パーフェクトな吸水性、耐久性、肌触り。シーズンカラー含め15色揃うので、贈る相手に合わせて選べるのもうれしい」

HOUSE TOWELハンドタオル各¥800/藤高タオル

藤高タオル 公式HP
鈴木純子さん Instagram

おしゃれプロ⑤ スタイリスト 岩﨑牧子さん

雑誌や書籍、広告などで幅広く活躍中のインテリア&フードスタイリスト・岩﨑さんが選ぶのは...

「ITAYA RICE WINE」の「 for WHITE FOODS 純米 生詰」

撮影/岩﨑牧子

杜氏とソムリエがコラボした一本

気鋭の杜氏・板谷和彦氏と、シニアソムリエ・辻健一氏とのコラボレーションによって誕生した「ITAYA」ブランドの、芳醇な純米生詰。酵母の開発から醗酵・製法、生詰に至るまで、金沢で最も長い歴史を持つ純米蔵、福光屋独自の技術を駆使して造られています。for WHITE FOODSという名前のとおり、白身魚や貝類、鶏肉などを使った多彩な料理との心地よいペアリングが楽しめます。

これが日本酒?と新鮮な驚き

「まるでワインのような佇まいだけど、実は日本酒。ワイン好きの方にも日本酒でペアリングを楽しんでもらえたらいいなと。ワインで言うと白にあたるような、骨格のしっかりした辛口の味わい。新開発FA酵母によるキレのよい酸味と豊かな旨味、少しの苦味を感じます。食事に合わせるとしたら酸味のある料理や、まったりとしたシチューなどにも合いそう」

ITAYA RICE WINE for WHITE FOODS 純米 生詰720mL ¥1,500/福光屋

福光屋 公式サイト
岩﨑牧子さん Instagram

おしゃれのプロ⑥ 編集・ライター 藤井志織さん

雑誌、書籍、WEB、広告などで編集や取材、執筆を行い、そのセンスにファンの多い藤井さんが選ぶのは...

「FISHER」のスペースペン

撮影/藤井志織

男性店主の目利き品をセレクト

「男性にあげるプレゼントは、私にとってかなりの難題。特に、こだわりの強そうな人や、あまり趣味を知らない方に差し上げるときは、悩んでしまっていつまでも決まらない。そんなときは、男性が店主のお店で探します。ラウンダバウトは、小林和人さんが厳選した雑貨や洋服などが並ぶセレクトショップ。作られた背景に哲学があるものに惹かれるそうで、行けば必ず素敵なものが見つかります」

宇宙飛行士が使っているボールペン!

そんな小林さんのおすすめが、NASAの厳しい検査を経て、宇宙飛行士によって実際に使用しているというスペースペン。重力ではなく、内部に封入された窒素ガスの圧力によってインクがボールペン先ヘと移っていくため、逆さにしてもスムーズに書くことができます。写真などのツヤのある面や油性の面でもOKというタフなボールペン。

CAP ACTIONスタンダード¥1,500/ラウンダバウト

ラウンダバウト 公式サイト
藤井志織さん Instagram

あの人を笑顔にするプチギフト

寒さも増すこの季節、ほっこり心があったかくなるプチギフトを渡してみませんか? 相手の笑顔を想像したら、選ぶ時間も楽しくなりそう。

女性向けのギフトも教えてもらいました!

モノ選びのプロに取材♡ 「ありがとう」を伝える1500円以下のプチギフト〜女性向け編〜

お歳暮なんて大げさなことは必要ないけれど、いつもお世話になっている友人や同僚にさりげなく贈り物ができたら素敵。あくまでさりげなくプレゼントしたいから、あげる側ももらう側も負担にならないくらいの、1500円くらいまでのささやかなものがいい。スタイリストやプレスといったモノ選びのプロたちに、女性向けにオススメのギフトを教えてもらいました。 取材・文/藤井志織 星野寛奈
1823

本記事内で掲載の価格は、指定のないものはすべて税抜きです。

記事に関するお問い合わせ