無料の会員登録をすると
お気に入りができます

制限するより改善!美容家が実践するおからパウダーを活用した食事法

ライフスタイル

「やせたいけど食べたい…」ダイエットを志す女性の多くがそんな悩みを抱えているものです。しかし、本当にそれが叶うとしたら、みなさんはどうしますか? 美容家・千波さんの著書『肥えグセが吹っ飛ぶ やせるストレッチ』(ワニブックス)から、ダイエット中のモチベーションの保ち方と食べてもやせる「おからパウダー」を活用した食事法をご紹介します。

千波 Chinami

千波さん流、モチベーションの保ち方

ダイエットはモチベーションとの戦いです。やる気があるうちはいくらでもガンバれるものですが、時間とともにモチベーションが低下してしまう人は少なくありません。まずは千波さん流のモチベーションの保ち方を学びましょう。

<ポイント1>ほかの人の“正解”と比べない

「あの人は〇kgやせたのに私は…」「あの人はあんなラクな生活をしているのに、私よりもやせている…」など、ほかの人と比べるのは止めましょう。報われかたは十人十色。ひとりひとり生活環境や性格、体質が違うのですから、比べるだけムダといえます。

それよりも「今月は1kgやせたから、来月はもっとガンバろう!」と明るい未来を想像してみましょう。

<ポイント2>“たった一度”をクヨクヨしすぎない

「今日、ついお菓子を食べ過ぎてしまった…。もうダイエットなんてやめよう!」
こうした「たった一度」にとらわれてダイエットを断念してしまう人は、少なくありません。

しかし、そのお菓子が脂肪に変わるには2日間の時間を要します。となると、その2日間の運動量を増やしたり、食事を調整すれば、今までの苦労が水の泡になってしまうことはないのです。

「たった一度」のことを引きずるよりも、その後2日間に向けて気持ちを切り替えることのほうが大切です。

<ポイント3>“やせられなかったらどうしよう”を捨てる

ダイエットをしていれば「もし、やせられなかったらどうしよう…」と思うのは当然です。特に、気持ちがネガティブになっていると「忙しいから」「ほかにやることがあるから」「つき合いで外食しなければいけないから」と何かと理由をつけて、やらない状況を作り出してしまうもの。

しかし、どうなるかわからない未来を心配しても、仕方がありません。ムダに心配するのではなく、1か月後の自分をイメージし、理想の自分に近づくために今日できることを考え、それをこなすことが大切です。

<ポイント4>“あれ、ダメ”“これ、ガマン”を手放す

ガマンばかりの生活はあまり好ましくありません。むしろ食事をプラスするつもりで「たんぱく質を少し増やそう」「きのこ類を多めに食べておこう」「野菜を多めに摂取しよう」と考えることが大切です。

ストレスを軽減できると同時に、満腹中枢も刺激できるためおすすめです。

<ポイント5>数字にとらわれない

ダイエット中に最も気になるのが「体重」。中には、毎日体重計に乗っているという人もいるでしょう。しかし、毎日自分の体重を把握することは、必ずしもいいとは言えません。例えば、ほんの少しでも前日より体重が増えていると、がっかりしてしまう人がほとんど。女性は生理の影響で体重が上下しやすいため、コントロールが難しいのが現状。

むくみが改善されたり、体がやわらかくなるなど、数字では測れない変化もたくさんあるはずです。数字にとらわれるのではなく「見た目」に現れる変化を信じましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ