無料の会員登録をすると
お気に入りができます

驚くほど毎日が楽しくなる♡ 30歳からの「人間関係」の断捨離<職場編>

年末はモノを断捨離したい、大掃除をしたい!という気持ちが高まる時期。そこで提案したいのが、「人間関係の断捨離」です。煩わしい人間関係の悩みを解決し、スッキリと新年を迎えましょう。

2018年12月
ライフスタイル

職場の人間関係が面倒...

ストレスを抱えがちな人間関係のひとつに「職場の付き合い」があります。「昇進や昇給に影響しそうだから」「業務を円滑に進めるため」などの理由から、自分の感情にフタをしている人も多いのでは? このままでは、貴重な時間も体力も奪われてしまうかも。この機会に、考えを広げてみませんか。

その悩み、「断捨離」で解決できます!

「断捨離」®︎のプロ・やましたひでこさんに取材!

断捨離の第一人者で、その名前を世に広めたクラター(ガラクタ)・コンサルタントのやましたひでこさん。「断捨離は単にモノを捨てるだけではありません。モノへの執着を捨て、不要なモノを減らすことで、生活の質や運気の向上、心の平穏をもたらす観念そのものを指すのです」と言います。

やましたひでこさんプロフィール

クラター(ガラクタ)・コンサルタント。大学在学中に入門したヨガ道場で、心の執着を手放す行法哲学「断行・捨行・離行」に出合う。その後、モノの片づけを通し、誰もが実践できる自己探求のメソッドとして落とし込んだ、住まいと心のガラクタの新・片づけ術「断捨離」を考案する。2000年頃から、「断捨離セミナー」を全国各地で開催。『人生を変える断捨離』(ダイヤモンド社)など、著書多数。

やましたひでこさんの公式ブログ

※断捨離はやましたひでこさんの登録商標です。

人間関係の「断捨離」って?

本当に必要な存在か、関係性を見直すこと

「モノの断捨離同様、その存在との関係性を見直すことで、本当に大切な存在に気づくこと。関係性を見直した結果、手放すことになり、それが新たに大切な存在を手に入れることにつながる場合もあります。他の言葉で言うなら、『卒業』かもしれません。卒業をするからこそ、他の学校に入学ができ、新たな出会いを得ることができるというわけです」(やましたさん)

判断ポイントは「要・適・快」

「断捨離は『要・適・快』に焦点を合わせていくことから始まります。今の自分にとって『必要なもの・適しているもの、心地いいもの』とは?の問い掛けを自分に繰り返しながら、感度を研ぎ澄ませていきます。それは人間関係の見直しにおいても言えることです」(やましたさん)

“職場のお悩み”を断捨離で整理!

「断捨離」=「モノを捨てること」と思われがちですが、本来は「モノとの関係性を見直す」という作業。「モノの選択を通して、人生において大切にしたいことが見えてくるので、人生の決断が早くなります。つまり、モノの断捨離ができる人は、人間関係の悩みも解決できるようになるのです」とやましたさん。

モノのみならず、人間関係の断捨離のプロでもあるやましたさんが、読者から寄せられた職場のお悩みにアンサーします。

記事に関するお問い合わせ