無料の会員登録をすると
お気に入りができます

面倒な“人付き合い”がスッキリ♡ プロが教える「人間関係の断捨離」<女友達編>

人生のライフステージによって関係が変化しやすく、ときには摩擦が生じてしまうこともある女友達。断捨離の考え方を賢く取り入れれば、厄介な女性同士のしがらみや嫉妬とは無縁な毎日が送れるかも! 

2018年12月
ライフスタイル

上手く付き合いたい女性同士の関係...

女友達という存在は良き相談相手になってくれたり、楽しみや喜びを共有できたり、人生を豊かにするには不可欠な存在。でも、ボタンを掛け違うとトラブルに発展することもあります。

「断捨離」の考え方でサッパリ♡

断捨離では物事を「要・適・快」を軸に考えます。「今の自分にとって「必要か、適しているか、心地よいか」を基準に判断するのです。これは人間関係でも同じこと。

「断捨離®︎」の提唱者・やましたひでこさんに取材!

「断捨離」の第一人者であり、この言葉の生みの親でもある、やましたひでこさん。「断捨離は、単に減らすこと、捨てることではありません。その存在との関係性を今一度見直すこと。モノも人間関係も断捨離をすれば、本当に大切な存在がわかりますよ」と断言します。

やましたひでこさんプロフィール

クラター(ガラクタ)・コンサルタント。大学在学中に入門したヨガ道場で、心の執着を手放す行法哲学「断行・捨行・離行」に出合う。その後、モノの片づけを通し、誰もが実践できる自己探求のメソッドとして落とし込んだ、住まいと心のガラクタの新・片づけ術「断捨離」を考案する。2000年頃から、「断捨離セミナー」を全国各地で開催。『人生を変える断捨離』(ダイヤモンド社)など、著書多数。

やましたひでこさん 公式ブログ

※断捨離はやましたひでこさんの登録商標です。

“女友達”のお悩みを断捨離で整理!

読者から寄せられたリアルなお悩みの数々。「こんなとき、どうしたらいい?」「この関係、断捨離すべき?」、そんな迷えるみなさんにやましたさんが今すぐ役立つ回答を寄せてくれました。

Q1:趣味友、ママ友...女子グループとの上手な付き合い方は?

正直、楽しくないのですが、完全に誘われないのは不安。なぜなら、情報に乗り遅れそうな気もするし、悪口を言われそうで…。それに寂しくなりそう。

A:心の正直な声に従って

自分の心が「楽しくない」という声を上げているのだから、このまま付き合うのは時間の無駄です。好きでもない人たちに好かれようとする必要はないでしょう。もし、その人たちが悪口で盛り上がるようなメンバーなら尚更。「あなたはそんな人たちと付き合いたいですか?」と逆に問いたいです。

誘いに感謝しつつ、キッパリ断る

だからと言って、不躾に断るのはいざこざのモト。大人らしくスマートにお断りしましょう。「お誘いありがとう! でも、今回はやめておくわ」と言えばOK。相手が次回誘うかどうかは気にしなくて良いのです。それから、「時間がない」「お金がない」などの理由を言うと、突っ込まれがちなので、ここではあえて言わないほうが賢明でしょう。

断捨離すれば、新たな出会いが

寂しいと思う場合は、このメンバーよりももっと素敵な人たちとの人間関係を築けばいいだけ。断捨離すれば、好きでもないメンバーに自分の貴重な時間と労力を無駄遣いすることがなくなるから、新たな出会いを育めるはず。好きでもないグループにしがみつくことはないのですよ! 

Q2:学生時代の親友と話が合わなくなった気が...

自分は独身で婚活中、学生時代の親友は結婚して現在、子育て中。大事な親友だし、繋がっていたいのですが、なんだか昔のように盛り上がりません。

A:「違う演目を演じている」と認識して

「なんで変わっちゃったの?」「どうしたら、私の気持ちをわかってくれるの?」と考えても意味なし。なぜなら、今、親友とは人生において「演じている演目が違う」から。学生時代は、同じ舞台で共に「学生」という演目を演じていましたが、今は例えば、あなたは「東京OL日記」「婚活アラサー物語」、親友は「子育てママ奮闘記」「夫婦一年生」というまったく違う作品に出演中かもしれません(笑)。お互いに自分の出演作に必死だと、別の作品を理解するのは難しい、それが現実なのです。

ときには距離を置くことも必要

合わないなら、今は距離を置く。自分と同じステージの人と付き合えば良いのです。親友とは、お互いが成長して、同じステージにのるときが来れば再び関係を再開できるはず。大事な相手なら、関係が終わるわけではないのです。

Q3:婚約を親友に伝えたら、関係が変化...

祝福してくれると思いきや、「おめでとう」の言葉もありませんでした。親友なら、一緒に喜んでくれるのが普通では? もう友達でいられないのでしょうか?

A:ステージが違う相手とは一旦距離を置く

心の中で「残念だけど、今はお互いステージが違う」と考え、距離を置いて。人間関係はその時代ごとに必要だったり、居心地の良い相手が変わるものですし、友人関係を整理することは悪いことではない、と認識すべきです。

立場が逆の場合は嫉妬を受け入れて

逆に自分が親友を祝福できない場合は「あ〜、私は嫉妬しているんだ。こんな状態で彼女に会っても良くないな」と考え、自ら距離を置いてもいいでしょう。「嫉妬しちゃいけない。祝福しなくちゃ」と無理に考える必要はありません。ただし、相手を攻撃する必要もありません。「嫉妬している自分」を受け入れましょう。

Q4:SNS上の女友達。投稿を見るとなんだか凹む...

キラキラしたリア充な生活を垣間見ると、なんとも言えない気持ちになります。なのに、「いいね!」をしてしまう私。この関係、どう切るべき? 

A:完全に断つか、嫉妬心を受け入れるか

「どう切るべき?」と聞いているのだから、切りたいと気持ちが固まっている。ならば、どうフェードアウトするかを考えるだけ。本当に嫌なら、SNSを見なければ良いのです。でも、彼女は女友達のことが羨ましいのかも。それなら、「私、羨ましいんだわ」と受け入れましょう。

嫉妬を憧れにして近づいてみる

そのあとは嫉妬、妬みではなく、憧れに変えて本人に近づいてみて。羨ましい気持ちを自覚して、相手の素敵な部分に目を向ける努力を。このプロセスを踏むと、「あれ? この人は意外とこんなものなんだ」と思えるかも(笑)。

Q5:人間関係の"要・不要"の見極め方は?

今いる友達の中にはマメに連絡を取り合う人もいれば、年賀状のやり取りだけの人や内心どうしても好きになれない人も。必要かそうでないかの判断はどうすればわかりますか?

A:ムリに繋がるのは時間と労力の無駄

同じ人と長い期間、友達を続けていることが美徳とされがちですが、決してそうとは言えません。それぞれの時代で新たな人間関係を得るわけで、過去の人間関係をムリに維持することに囚われているのは、エネルギーの無駄使いです。

自分への問いかけから答えを見つける

モノは買ったときは当然ながら必要だったものの、今もそうだとは限らないというケースが。モノも人間関係も同様に、自分と相手との関係性は変化するものと捉え、「この存在は今の自分にとって要・適・快か?」を問いかけて。

まずはモノの断捨離からスタート!

これを読んで、ぜひ人間関係の断捨離をしたい!と思った人はまず、モノの断捨離から始めてみるのが正解。自分の部屋なら、どうしようと問題ありませんから(笑)。この行為で対象物に対する、“要・不要”を見極める感度が研ぎ澄まされ、結果、人間関係の断捨離もスムーズに行えるようになりますよ。

女友達との関係が変化♡

人間関係の断捨離でこれまでの女友達との付き合いを見直せば、新たな年はもっと楽しくハッピーに! しかも、お部屋はスッキリきれいに。早速、挑戦してみましょう。

職場の人間関係編はこちら

驚くほど毎日が楽しくなる♡ 30歳からの「人間関係」の断捨離<職場編>

年末はモノを断捨離したい、大掃除をしたい!という気持ちが高まる時期。そこで提案したいのが、「人間関係の断捨離」です。煩わしい人間関係の悩みを解決し、スッキリと新年を迎えましょう。
1372

恋愛・結婚編はこちら

心がスッキリ軽くなる♡専門家が解説! 「人間関係」の断捨離<恋愛・結婚編>

自分の思い通りにならないからこそ、楽しくもあるし、辛くもある。それが“恋愛・結婚”でしょう。実は「断捨離」のメソッドを活用すれば、恋愛・結婚に関するさまざまな悩みも解決できるのです! 
852

取材・文/濱田恵理

記事に関するお問い合わせ