無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬の暮らしは賢く暖かく♡暖房費を節約する生活のコツ10選

寒い冬は暖房費が増えますよね。かといって寒さを我慢するのも嫌。そこで、暮らし方を見直して、暖房費を節約しながら冬でも快適に過ごす方法をご紹介します。

ライフスタイル

4.湿度50%前後にする

mujikko(RIE ) on Instagram: “無印の新作ディフューザー、巨大バージョン!  最大にするとモクモクです💭  給水は上から注ぐだけなので超絶簡単!  ただ、オイルを詰め替えるのが面倒… これ、どうにかならなかったのかな😂  詳細はストーリーズより飛べます💨  #無印良品 #無印#muji #アロマディフューザー…”
instagram.com

空気が乾燥していると余計に寒さを感じます。加湿器などを使って50%前後の快適な湿度に保ちましょう。また乾燥を防ぐと風邪予防にもなります。

5.断熱シートを貼る

冷気が入って部屋が冷える原因となる場所に断熱シートを使うのもポイントです。例えば外の冷たい空気と隣り合わせの窓。触れると冷たく、冷気が部屋にも入ってきます。そこで窓に断熱シートを貼ると、冷気は入り込んできません。

sachie h. on Instagram: “2つ前のpicでアップした #セリア新商品 の #窓用バブルシート  こちらのブラックを貼ってみました😊 早く貼りたくて、ビッフォーを撮り忘れました(´;ω;`) ここは、台所の窓なのですが、 部屋の中で1番嫌だった場所💔 何故かリフォーム時に、 窓だけそのままで、…”
instagram.com

また冷えやすい床や、冷たい空気が入ってくるドアの隙間などにも、断熱シートを貼ると防寒になりますよ。

6.カーテン・雨戸を閉める

外で冷やされた空気が窓を介して床に伝わり、部屋に入り込んでくることも寒さの原因となります。そのためカーテンを閉めるだけでも、窓からの寒気をシャットアウトすることができるのです。

瀧本 真奈美/整理収納コンサルタント on Instagram: “. 少し前にリビングの カーテンを遮熱タイプに 変えました☺︎ . 朝起きた時の温度も随分ましで 暑過ぎる時はちょっと閉めてみたり。 この夏何気に1番役立つ お買い物だったかもです☺︎ 冬もあったかいかな〜と 今から期待大♡ ブログ更新しました。 . . そしてあまり変化のない…”
instagram.com

床を伝ってこないように、冬は床まで長さがあるカーテンを付けるのもおすすめです。また雨戸を閉めるだけでも冷たい空気が入りにくくなります。

服装から暖まる

7.重ね着する

寒いと感じたときは家の中でもしっかり厚着しましょう。暖房の温度を上げるよりも節約になります。何枚か重ね着するのもベター。空気の層ができることで暖まりやすくなり、脱ぎ着で温度調節もしやすいです。

また背中や肩を暖めると全身が暖まります。さらに発熱素材のインナーやダウンなどを着用すれば、バッチリ防寒できるでしょう。

8.スリッパorルームソックスで床の冷たさ回避

冷たい空気は下にたまるので、冬は床が冷たいですよね。直に触れると体も冷えます。そこで、スリッパやルームソックスを履いて、冷たさが伝わるのを回避しましょう。

Nagi◡̈* on Instagram: “. 11月11日 くつしたの日✨ . @bodyhints の 重ねばき靴下☺️ 冷え対策✨ シルク→コットン→シルク→コットの 4枚履いてます🎶 4枚も履くと窮屈じゃないのかな🤔って思ったりてたんだけど、 履いてみると 大丈夫でビックリ!! そして 暖かい☺️☺️ 足元…”
instagram.com

暖かい空気は上に行くので、暖房をつけると頭がぼーっとしてしまう場合もあります。健康のためには頭寒足熱。下半身を中心に暖めると、体も快適です。

記事に関するお問い合わせ