無料の会員登録をすると
お気に入りができます

時短・節約・美味!冷凍保存がおすすめの8つの食材♡

冷凍することによって、いつもより美味しくなる食材があることを知っていますか?しかも、節約ができて、調理時間も短くなるというメリット付きです。今回は、冷凍保存がオススメの食材をご紹介いたします。

2015年4月
グルメ

冷凍はポピュラーな保存方法

週末に買い込んだ食材や余った食材を、冷凍して保存することは一般的な方法です。でも、冷蔵保存で困ったからという消極的な理由で行なっていませんか。それって、もったいない事です。

hearthandholm.blogspot.jp

冷凍保存に向いている食材を知って、もっと積極的な考え方で冷凍保存していきましょう。

冷凍向きの食材たち

1. きのこは旨味倍増

www.designsponge.com

きのこは、冷凍保存すると細胞壁が壊されます。細胞壁が壊されると中から旨味成分が出てきます。そのため、冷蔵庫の野菜室で保存したものよりも、食べた時に旨味を感じやすくなります。

きのこの赤ワインピラフ

2. 美肌効果の高いしじみ

しじみには、オルニチンといううまみ成分が含まれています。しじみを冷凍すると、このオルニチンが生の時よりも約4倍増えます。また、しじみの細胞が壊れて、コハク酸という旨味成分も出てきます。

www.recipe-blog.jp

冷凍したしじみは、冷凍庫から出したらそのまま調理をはじめて大丈夫です。美肌・冷え症・二日酔いに役立つしじみは、常に冷凍庫にスタンバイさせて置きたい食材のひとつです。

3. たまねぎは冷凍で時短

www.gardeners.com

たまねぎは、千切りにして生のまま冷凍するのがおすすめです。たまねぎを冷凍保存すると、たまねぎの繊維が壊れます。飴色たまねぎを作る際、短時間で調理できるので便利です。

4. 小松菜はもう茹でない

小松菜のお浸しを作る時、普通茹でます。しかしお浸しの場合は、冷凍で作るのがおすすめです。小松菜は冷凍した方が、生よりも甘くて美味しくなります。しかも、ビタミンCも増えます。

bellevie55.jugem.jp

冷凍調理の小松菜のお浸しは、食べやすい大きさに小松菜を切って、器に盛り付けます。最後に、お浸しの汁をかければ完成です。

5. 酢の物用にきゅうりも冷凍

きゅうりを冷凍するなんて意外かもしれません。でも、きゅうりだって、コツを知っていれば冷凍保存ができます。

www.healthyseasonalrecipes.com

きゅうりは、そのまま冷凍すると、解凍したときにグチャグチャの食感になります。けれど、酢と砂糖を加えて冷凍すれば、シャキシャキ感を残したまま保存が可能です。

6. 煮物用に大根も冷凍

大根が安く手に入った日は、大根も冷凍保存しましょう。もちろん、大根をそのまま冷凍するのはダメです。醤油や砂糖などの調味料と一緒に冷凍します。調味料と一緒に保存することで、美味しく保存できます。

調味料と一緒に保存しているので、大根に味が浸み込んでいます。煮物料理などに重宝します。

7. みじん切りパセリも簡単

inmyownstyle.com

パセリの葉っぱの部分を保存袋に入れて冷凍します。冷凍されたら、袋ごと手でモミモミします。これを何度か繰り返せば、簡単にパセリのみじん切りを作ることができます。

8. キャベツも冷凍で時短調理

キャベツも冷凍保存が可能な食材です。ザク切りにして保存袋に入れます。このとき、平らになるように入れ、空気をしっかり抜きます。

www.bhg.com

次が大切なポイントです。解凍する際には、お湯を掛けます。こうすることで、キャベツのシャキシャキ感を残すことができます。キャベツを切る手間が省けて、忙しい時の時短調理に一役買ってくれることでしょう。

冷凍保存のコツ

急速冷凍

冷凍に時間がかかってしまうと、食材の中の水分が膨張して漏れ出します。そうすると、風味が落ちます。だから、冷凍は素早く行いましょう。

冷凍庫は「強」に設定しておきます。さらに、金属製のトレーやアルミホイルなどを使うと、冷凍時間を短縮することができます。

冷凍庫はパンパンにする

www.southernliving.com

冷凍庫には、ぎっしりと食材を詰めて置くようにしましょう。食材がしっかり詰まっていることによって、冷凍された各々の食材が保冷剤の役割を果たしてくれます。

お財布にも調理にも優しい冷凍保存

冷凍するという保存方法をマスターすれば、料理が美味しくなるだけでなく、調理時間の短縮を目指すことができます。また、特売品を購入する機会も増やすことができるので、経済的な負担も減ります。

designtrolls.wordpress.com

これからは、積極的な冷凍保存をしてみませんか。

記事に関するお問い合わせ