無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットの基本! エステティシャンが体型キープするために気をつけていること

美容

「これを食べたら太るかな…」と思いながら「おいしいものはガマンせずに食べたい!」「最近食べすぎて太ってきたかも」と葛藤している人も多いのではないでしょうか。今回はエステティシャンである筆者が体型キープをするために気をつけていることについてご紹介します。年始ダイエットの参考になればうれしいです。

ダイエット=体重がすべてではない

ダイエットに必要なことを知ったきっかけ

いくつになっても体重や体型に関する悩みは尽きないです。
同じように悩んでいる人やダイエット法の見直しをしている人などに、自分の経験がヒントになればと思って今回お伝えいたします。

私は10代後半のころ、身長160cmで体重約70kgまで太ったことがあります。身長から見た適正体重は、私の場合56.32kgです。
※適正体重=身長m×身長m×22

当時は寝る前にお菓子を食べるのは当たり前、今思えば体も冷えていましたが、自覚はなく湯船に浸かることも苦手でした。
当時、これではダメだ! とあらゆる流行りのダイエットにチャレンジした結果8kgほど減量しましたが、夕方にパンを食べたり、食事を減らす代わりにお菓子を食べるなど、ダイエットと言いつつ糖質や脂質は食べるという矛盾したダイエット法でした。

その後、18歳〜20歳前半のときは、とにかくやせなきゃ! と春雨サラダ、春雨スープ、とにかくカロリーゼロのような食生活を続け、体重は落ちましたが、栄養バランスは最悪で、たんぱく質がないため筋肉、エネルギーに変わらないし、貧血、胃腸炎、肌はボロボロの状態になりました。

20歳〜25歳には、エステティシャンとなって正しいダイエット法を学んでから58kg〜55kgへ。仕事をしていても動きやすく、体の調子もいいと感じたのが55kg。自分の中で54kg以下は未知の領域だったことから減らすよりも維持する方向へ。

20代のころを振り返ると、「やせてる=スタイルがよい」「身長に対しての理想体重になりたい」という思いから「ダイエット=食事制限=体重減」のような思考で、一気に食事量を減らし、体重がすべてのような感覚になったこともありますが結果として体調を崩しました。

エステティシャンになってダイエットに関することを学ぶうちに、日々の食事量や摂取カロリーが多すぎる場合はある程度おさえる必要はありますが、一気に食事を抜いたりするのではなく「糖質や脂質過多になっていないか」「野菜やたんぱく質など栄養バランスの取れた食事内容か」が大切だと気づきました。

次のページ→ ダイエットを成功させるために継続したこととは?

成功の秘訣。自分に合う、ダイエット方法で継続すること

体重とは「健康体を維持するための身長に対する平均的な数値」でありあくまでも指数のようなものです。
同じ身長であっても、人それぞれ骨格、筋肉量、脂肪量、代謝量、冷え度合い、セルライト量も違います。

先ほどお伝えしたように、バランスのとれた食事内容に加えて、入浴やマッサージによって冷えや老廃物の排出、運動によって筋肉量を高め脂肪を燃焼しやすい状態を作るなどすべての条件が重なったときに「体重」「体型」に変化が出始めます。

私がダイエットに取り組んだとき、エステをされるお客様にもよくあることなのですが、ダイエットを開始して体重に動きがあるとモチベーションは高まり、動きが止まると焦ったりモチベーションが低下しますが、「ダイエット=体重」ではなく「ダイエット=生活改善、体質改善を高めるチャレンジと継続」でありその先の結果に体重や体型として表れるということです。

人それぞれ骨格、体質は違うけどダイエットの基本は同じ

人それぞれ骨格、筋肉、脂肪の量やつき方、代謝量、冷え度合い、セルライトの量が違いますが、ダイエットにチャレンジする基本は同じです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ