無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セルフネイルを長持ちさせたい♡マニキュアを剥がれにくくするコツ

せっかく可愛いネイルにしたのに、次の日に剥げていたらガッカリしますよね。そこで今回は、マニキュアを少しでも長持ちさせるコツと、剥がれた部分をカバーできるお洒落なデザインをご紹介します。

2019年1月
ネイル

ネイルを長く楽しみたい♡

マニキュアはとにかく種類が豊富で、可愛い色を見つけるとつい買ってしまう方も多いのではないでしょうか?セルフで手軽に楽しめるのが魅力ですが、ジェルネイルよりも剥がれやすいのが悩みですよね。

しかしちょっとしたコツを押さえれば、マニキュアでもある程度長持ちさせることはできますよ。早速そのコツをチェックしてみましょう。

マニキュアを長持ちさせるためのコツ

①甘皮の処理をしておく

甘皮の上にまでネイルポリッシュを塗ってしまうと、そこから浮いて剥がれやすくなるのだそうです。ネイルを綺麗に見せるだけでなく長持ちさせるためにも、まずは甘皮の処理をしておきましょう。

ネイルケアの基本をおさらいしましょう♡

instagram.com

キューティクルリムーバーを塗るかぬるま湯に指を浸し、甘皮を柔らかくします。スティックなどで、甘皮を優しく押し上げましょう。仕上げにささくれ部分をカットすれば、素爪がグッと美しくなりますよ。

オイルインキューティクルプッシャーペン

Beauty World

¥ 518

乾燥した状態で甘皮を押すと肌を傷つけてしまうこともありますが、こちらのペンはオリーブオイルが少しずつ出てくるタイプ。爪をケアしながら、潤いを与えてくれます。

商品詳細
オイルインキューティクルプッシャーペン
beautyworld-onlineshop.jp
商品詳細

②除光液で油分を拭き取っておく

前のネイルが残っていたらオフするのは当然ですが、素爪でも油分や汚れなどが意外と付着しています。除光液を浸したコットンで拭き取っておきましょう。

表面が乾いたら、いつものようにベースコートから塗り始めてくださいね。この簡単なプロセスだけで、ネイルの持ちが変わります。

③ボトルは振らずに転がすのが◎

ネイルポリッシュが出にくいとボトルを振りたくなりますが、これはやってはいけないことの1つ。気泡が入るとマニキュアと爪の間に隙間ができて、剥がれやすくなってしまいます。

出にくいときは薄め液を入れるか、両手で挟んで優しく転がすのが正解です。マニキュアが爪に密着して持ちが良くなるだけでなく、ムラなく綺麗に仕上がりますよ。

記事に関するお問い合わせ