無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

「完璧主義」な自分に疲れていませんか?肩の力を抜くためのヒント6つ

何に対しても全力で頑張る生き方は素敵ですが、自分に厳し過ぎる「完璧主義」になっていたら要注意。心が疲れてしまいますよ。そこで今回は、肩の力を抜いて生きるためのヒントをご紹介します。

ライフスタイル

特に思うような結果が出ない時期は、自分を責めるような言葉を心の中で言わないように心がけましょう。自分は「まだまだ」ではなく「これから」と思えたら、前向きな気持ちで頑張れそうですよね。

4:周りからの評価を気にし過ぎない

完璧主義になると、自分なりに結果を出すだけでなく皆にも認められたいという気持ちが強くなるようです。確かに周りの目が気になるのは誰もが同じですが、そのせいで無理をすることが増えないように注意しましょう。

周囲の迷惑になるようなことは別ですが、他の人達はあなたの言動を常に気にかけているわけではありません。一番大事なのは、自分自身が納得できるような生き方をすることです。

5:適度に休憩する

予定がないのは落ち着かない、毎日慌ただしく過ごす方が好き。そんな考えを持つ完璧主義の女性にとって、ぼんやりする時間を作るのは難しいかもしれません。しかしそれは、脳を休ませるために必要な作業なのです。

無駄だと切り捨てず、毎日のスケジュールにリラックスする時間を組み込んでおきましょう。途中で適度に休むと疲れが溜まりにくくなり、結果的には長く頑張れますよ。

6:他人に厳しくしない

完璧主義の短所とは、自分だけでなく他人にもプレッシャーをかけてしまうこと。必死に頑張っていたとき、他の人がのんびりしているように見えたことがありませんか?

しかしどんな人も、あなたが見ていないところでは頑張っているはずです。人間関係を壊さないために、「努力の押し売り」には気を付けてくださいね。

自分を褒めることも大事♡

自分にプレッシャーをかけて努力を惜しまないのは、100%悪いことではありません。しかしエスカレートすると自分に対する自信がなくなり、些細なミスでも立ち直れないくらいに心が弱ってしまいます。

結果だけを気にするのではなく、頑張っている今の自分のことも褒めてあげましょう。もっと自分を好きになれば、大きな目標に向かって頑張るためのパワーが湧いてきますよ♡

記事に関するお問い合わせ