無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人気店マスターが教える、喫茶店のこと。「喫茶店」と「純喫茶」って どう違うの?…etc.

グルメ

日本ならではの文化として進化してきた喫茶店。おなじみのメニューや店での作法など、押さえておきたい基礎知識を人気マスター&専門家に聞きました。改めて総復習!Hanako特別編集『喫茶店に恋して。[改訂版] 』よりお届けします。

Q.1「まず注文すべきはブレンド?」

よくメニューの最初に書かれている「ブレンド」。値段もお安いし、余った豆を混ぜてるだけでは?なんて侮るなかれ。「ブレンドすることで、単一のコーヒー豆では味わえないオリジナルの香味を作り出せます。オリジナルゆえ、そのお店の顔。私も初めて行くお店では注文することが多いです。ブレンドを軸に喫茶店巡りをするお客様もいますよ」(〈ぐすたふ珈琲〉茅根和司さん)。ブレンドとは店の名刺的存在なのだ。

Q.2「「喫茶店」と「純喫茶」って どう違うの?」

そもそもは昭和初期、ウェイトレスがお酒を提供する業態が増えたため、それらを特殊喫茶店とし、「お酒類を扱わずコーヒーや軽食を出す店を純喫茶と呼び区別したそうです」(〈ロッジ赤石〉小沢康純さん)。今ではレトロ喫茶全般を指すことも。

Q.3「カップの持ち手は 右?左?」

出されたときの持ち手の向き。取材撮影時も迷います。「特に決まりはないんです。一般に、砂糖を入れるならカップを左手で持って混ぜるので持ち手は左側、ブラックは逆でお出しする場合が多いようです」(茅根さん)

Q.4「マスターに話しかけてもいいの?」

「もちろんです。ランチタイムのような混雑時はちょっと困りますが、それ以外でしたら快く応じます」(小沢さん)。コーヒーについて聞きたいけど話しかけられない…という人、すいてる時間帯がチャンスですぞ。

Q.5「浅煎りと深煎りの違いって?」

焙煎は火を入れる時間によって超浅煎り(ライト)から超深煎り(イタリアン)まで、8段階に分けられる。浅煎りはフレーバー(香り)や酸味が、深煎りは苦味や香ばしさ、コクが特徴。「シングルオリジンはフレーバーと酸味の特性を生かすため浅煎りにすることが多いです」(茅根さん)。かたや、ネルドリップやミルクで割るカフェオレはコクを楽しむため深煎りを使うのが一般的。焙煎に注目してメニューを選んでみよう。

Q.6「「レイコー1つ」って 隣の人が言ってました…。」

今では死語となりつつある喫茶用語、レイコー。「主に関西で使われた言葉ですが、アイスコーヒーのこと。ほかにアイミティー(アイスミルクティー)とか、温かいブレンドをホットと呼ぶのはうちでは現役ですよ」(小沢さん)。喫茶マニアを目指すなら、勇気を出して使ってみる?

Q.7「ナポリタンは1.7mmが鉄則?」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ