無料の会員登録をすると
お気に入りができます

溝端淳平ブーム到来?「ゴシップ」での“やさぐれ根津”にときめいた視聴者が続々

エンタメ

1月6日にスタートした「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」(フジテレビ系)でやさぐれ感の漂う根津道春を演じている溝端淳平。昨年末に全話再放送された「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)で綾瀬はるか演じる望月彩子の後輩刑事・八巻を好演。ゆとり世代で機転が利かないポンコツキャラの八巻を、明るく魅力的に演じたことは記憶に新しい。

ところが、今作で演じている根津は、大手出版社「クスノキ出版」が運営するネットニュースサイト「カンフルNEWS」の前身である「週刊カンフル」で記者を務めていたが、自身が書いたスキャンダル記事によりトラブル発生。仕事に対して心が折れ、死んだ魚のような目をするように。そんな陰のあるキャラを演じているため、ネット上では「ポンコツ八巻からのやさぐれ根津にドキッとした」「溝端淳平はこういう陰キャ演じるとなんかカッコイイ」「あれ? 根津にドキドキしてるよ私」「この溝端淳平に大ブーム前の田中圭みたいな予感を感じる」「艶っぽい根津を目当てに2話も見る!」といった称賛の声が続々とあがっているのだ。

「溝端の代表作と言えば『天国と地獄』を挙げる声がこれまでは多かったかと思いますが、これからは『ゴシップ』になるかもしれないですね。陰はあるけれど優しくもある根津というキャラは、女性が大好きなキャラと言っても過言ではありません。溝端ブームがやってくるかもしれません」(女性誌記者)

1月14日スタートの「愛しい嘘~優しい闇~」(テレビ朝日系)でも、おいしいワインを作ることに懸命で、幼い頃から波瑠演じる望緒を一途に思い続ける深沢稜というイケメンキャラを演じる溝端。黄色い声援が聞こえる日がすぐそこまで迫ってきているようだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ