無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整腸だけじゃない! 月経前の憂うつな気分や不安感を緩和する乳酸菌の力が判明!?

ライフスタイル

乳酸菌と聞くと、「おなかの調子をよくしてくれる」「腸内環境を整えてくれる」といったイメージが代表的ですよね。腸活のためにヨーグルトやサプリメントから乳酸菌を摂取している人も多いのではないでしょうか。そんな乳酸菌ですが、じつは整腸効果だけではない新しい力が発見されたのです! そこで今回はアサヒグループが開催した乳酸菌研究説明会をレポートしていきます。

ラクトバチルス・ガセリCP2305株とは?

アサヒグループでは、「カルピス」由来の研究を起源にもつ長年の微生物研究により収集した乳酸菌ライブラリーを保有しています。
今回の研究で明らかになったのは、その中のひとつ、「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」(乳酸菌CP2305株)の新たな働きについて。その内容は、月経前の憂うつな気分や不安感などの症状を改善する可能性があるというものでした。

女性は、月経の3~10日ほど前になると、むくみ、胸の張り、過眠、いらだち、憂うつな気分などといった症状が起こることがあります。これらの症状は、月経周期のなかの黄体期とよばれる期間に起こるエストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌の低下に伴って起こることがわかっています。これら月経前症状は女性の約90%が経験しているといわれており、女性のQOLを下げる要因のひとつと考えられているのだそう。

ラクトバチルス・ガセリCP2305株

今回の研究対象となった「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」は、腸内環境を整えたり、睡眠の質を上げたり、不安感を緩和したりするなど、おなかと心の健康をつないでくれる乳酸菌であり、腸に作用し、脳腸相関※1を介して脳に働きかけ、精神ストレスを緩和することが分かっていました。
※1腸と脳は互いに情報伝達を行い、生体機能を保っています。この仕組みのことを“脳腸相関”といいます。

女性ホルモンの分泌は脳からの指令で調節されています。そこで脳腸相関を介する乳酸菌CP2305株が、月経前の精神的な症状の改善にも効果がある可能性を考えて、今回アサヒグループは徳島大学と共同で、女性を対象に研究を実施しました。

月経前の精神的な症状を緩和することが明らかに!

研究方法としては、20〜35歳の健常な女子学生75人を2つのグループに分け、一方のグループには加熱殺菌した「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」を含むタブレットを、もう一方のグループにはプラセボ(「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」を含まないタブレット)を月経6周期にわたり摂取してもらい、月経前の精神症状には質問票を用い、周期ごとに評価を実施しました。

その結果、憂うつな気分、不安感、無気力、疲れやすさ、眠気の項目において、「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」摂取群は、プラセボ群と比較して有意にスコアが低下し、月経前の症状のうち、

精神的な症状の改善に効果がある

ことが確認されました。
また、月経前(黄体期)の唾液を採取し、女性ホルモンであるエストラジオール、プロゲステロンの濃度を測定したところ、「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」の摂取は、黄体期におけるエストラジオール※3とプロゲステロン※4に影響を及ぼしたことから、女性ホルモンの分泌に作用することで、

月経前の症状を緩和する可能性

が考えられました。

このことから、「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」の摂取による影響について、女性ホルモンの分泌量に作用し、月経前の精神面における症状を改善することが明らかとなりました。

※3エストロゲンの1種であり、閉経前に卵巣でつくられる主要なエストロゲンです。
※4 女性ホルモンのひとつ。排卵から次の月経までの間に分泌量が増加し、基礎体温を上げ、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を安定させる働きがあります。

今後の乳酸菌研究にも注目!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ