無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整腸だけじゃない! 月経前の憂うつな気分や不安感を緩和する乳酸菌の力が判明!?

ライフスタイル

乳酸菌と聞くと、「おなかの調子をよくしてくれる」「腸内環境を整えてくれる」といったイメージが代表的ですよね。腸活のためにヨーグルトやサプリメントから乳酸菌を摂取している人も多いのではないでしょうか。そんな乳酸菌ですが、じつは整腸効果だけではない新しい力が発見されたのです! そこで今回はアサヒグループが開催した乳酸菌研究説明会をレポートしていきます。

今回会見を行った、アサヒグループホールディングス株式会社の独立研究子会社である、アサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社のコアテクノロジー研究所第三部シニアマネジャー菅原智詞さんは、「弊社調べにはなりますが、乳酸菌摂取によって人での月経前症状の緩和を実証した知見というものは、今回が初めてになる」と語っていました。

また、「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」のほかにも、アサヒグループの乳酸菌ライブラリーには、

免疫に働きかける

「ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株」、

体脂肪を減らす

「ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株」、

体に役立つ物質を作り出す

「ラクトバチルス・ヘルベティカスCM4株」など、さまざまなチカラを持った乳酸菌があります。

今回の研究で女性ホルモンに与える可能性が見えてきたことから、今後は女性が抱えるほかの課題に対するアプローチや、日常生活に支障をきたすくらいの症状を抱えている人を対象者として試験を行っていくことも考えられるとのことで、これからの研究にも期待が高まりますね。今後も腸から体に働きかけ、私たちの健康に役立つ乳酸菌の力に注目です!

文/FYTTE編集部

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ