無料の会員登録をすると
お気に入りができます

絶品料理ばかりで期待大! 金沢に最先端な屋台村がオープン。すべてキャッシュレス決済

Yu Miyakoshi

旅行・おでかけ

〈magazzino38 fatto a mano〉代表

2018年12月13日(木)、金沢の中心部にある繁華街、片町に現代版屋台村〈とおりゃんせ KANAZAWA FOODLABO〉がオープンします!

出店者は海老専門店や燻製バー、イタリアン、おばんざいなどの8店舗。この一角にはかつて小橋菅原神社という神社があり、神社に隣接する参道は「とおりゃんせ通り」と呼ばれていたそう。ところが近年では、利便性に富んだ立地でありながら空き物件となっていました。

〈燻し屋 らむ〉バーテンダー

〈季節のおばんざい 中にし〉亭主

〈和ビストロ 久遠〉シェフ

今回は、そこに「屋台」という言葉から思い浮かべる赤提灯ではなく、無機質で現代的な建物が立ち並び、これまでにない屋台村を展開。しかも支払いは、電子マネーやカードのみの「キャッシュレス決済」を採用するとのこと。一体どんな場所になるのか、楽しみですね。

(※クレジットカード・電子マネーがない場合は、 コンビニエンスストア等でプリペイド式の電子マネーをご購入ください)

外観イメージ

〈中国料理とシェリー酒 西華房〉

とおりゃんせは8店舗でスタートします。金沢の食材が味わえるメニューもたくさん。

〈和ビストロ 久遠〉では、醤油や塩麹、抹茶など和の素材を積極的に取り入れた「金沢フレンチ」を提供。ブリや香箱ガニなど、石川名物も楽しめます。イタリアン〈magazzino38 fatto a mano〉では、金沢特産のさつまいも「五郎島金時のニョッキ」など土地の恵みを活かしたメニューを日替わりで展開。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ