無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今すぐできる「発想力を鍛える」4個の方法って?クリエイティブな人になれるヒント

ライフスタイル

人脈と対話を大事にしよう

発想力を鍛えるためには、発想力がある人と対話をすることが大切です。その人から仕事に対する考え方などを聞くことで、社会人としての発想力を鍛える方法が引き出せることでしょう。

また、ビジネスパートナーなどの人脈を大切にすることも、発想力を鍛えるには必要な方法です。仕事仲間からヒントを得たり、何気ない会話から解決の糸口が見つかることもあるので、異業種交流会などで人脈づくりなども社会人としてはおすすめですよ。

発想の転換をイメージしよう

「貧相なイメージしかできない」と自分の発想力のなさに落ち込むことはNGです。イメージできないのではなく、イメージしないから発想力が乏しいのです。時折自分の想像の中で「もしもの世界」をイメージし発想力を鍛えるようにてしましょう。

「もしも、仕事仲間のAとBが入れ替わったら仕事にどう影響するか」など何かしら命題を決めて、目の前にあるリアルな世界とは違うストーリーを展開させるだけです。

「Aじゃなければこの仕事はできない」という固定観念を払拭するきっかけになりますし、Aがいなくても成り立つ方法の模索にもつながるでしょう。

インスピレーションを大切にしよう

「自分の直感を信じましょう」という言葉は、「よく考えて行動する」ことを徹底的に教育された社会人にとって禁句です。発想力を鍛えるためには、「なぜあの時そう考えた?」という直感に対する掘り下げをおすすめします。

直感を掘り下げることで、自分の感情や思考に触れることができます。それを足掛かりに自分の目の前にある難題に対する「発想の転換」が生まれることもあるのです。また、他人を納得させられる語彙力も鍛えることができますよ。

発想力を鍛える工夫まとめ

発想力を鍛えることで、自分の視野や考え方の幅が広がります。また、伝える力も鍛えることができるので、仕事などのプレゼンの場で相手が納得できる情報が伝えられるようになるでしょう。

発想力を鍛えるための簡単な方法は存在しますが、社会人でも一朝一夕で身につくものではありません。

時間をかけて思考の掘り下げやキーワードの追求を行い、自分の考え方に対する引き出しの枠を大きく広げていくことをおすすめします。それだけでも発想力を鍛えることができますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ