無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もうすぐクリスマス♡恋人が彼女と「結婚したい!」と思うシーン4選

クリスマスが近づいて、恋人との予定を立てている人も多いでしょう。クリスマスまでにプロポーズされたい女性も多いですよね。それとなく恋人にアプローチするにはどうしたらいいのでしょうか?恋人が彼女と「もう結婚したいな」と思う瞬間をまとめてみました。

2018年12月
恋愛・結婚

男性はいつ結婚を意識するの?

男性はどんな時に結婚を意識するのでしょうか?長く付き合えば必ず結婚を意識するわけでは無いようです。クリスマスにプロポーズされるために、男性がどんな時に結婚を意識するのかをみていきましょう。

⒈彼女の手料理が想像以上に美味しかった時

定番かもしれませんが男は胃袋をつかまれると、その彼女を手放したくないと思います。彼女の手料理を振る舞ってもらったときに、彼が思っていた以上に彼女の料理がおいしいと、彼はあなたとの将来を想像しやすくなります。「もし彼女とこれからずっと一緒にいれば、このおいしい料理が毎日食べられるのだ」と想像するのです。男性はおいしいものに弱いので、彼の好みの料理や、味付けなどをマスターしておきましょう。

⒉彼女の器が大きいと感じた時

彼女の将来を真剣に考えるきっかけになるのが、彼女の器が大きいと感じた瞬間です。多くの女性が嫌がるようなことですら、どっしりとしていると男性は安心します。異性も同席するような場に気前よく送り出してくれたり、「楽しんでおいで」と一言をかけてくれる彼女に器の大きさを感じます。

例えば仕事上の付き合いや飲み会などを嫌がる女性もいますよね。多くの男性は束縛を嫌います。それは束縛が愛情表現ではなく、彼女の自信の無さの表れでしかないと感じているからです。縛り付けるよりも、自由にさせてくれる彼女の器の大きさにグッとくるのです。

⒊自分をしっかり受け止めてくれた時

仕事などでミスをおかした時に、彼女はどんな態度を取るのかというところを彼は見ています。失敗も笑って一緒に乗り越えていけるような彼女となら、将来どんなつらいことがあっても一緒に歩んでいけそうだからです。ミスをしたときに彼氏のことを強く責め立てる人が多いかもしれませんが、視点を変えれば物事をポジティブに考えることができます。彼女が明るく笑顔でいることが何よりも彼の力になります。

⒋いつも味方でいてくれた時

喧嘩になった時ですら、いつも味方でいてくれると、男は彼女のことをもっと大事にしたいと感じるようになり、結婚を意識するようになります。どんなカップルでも意見が異なることがよくありますよね。自分の意見を押し付ける人もいますが、相手の立場になって物事を考え、彼の気持ちに寄り添うような発言や行動ができると、彼は彼女のことをまた好きになるのです。

例えば、喧嘩をした後、仲直りをするときに「〇〇君の立場になって考えれば、確かにそうだよね」と彼を認めてあげる一言を添えると、彼も気持ちがほぐれやすくなります。2人が喧嘩をした時ですら、自分の味方でいてくれる彼女のことを貴重な存在だと思うようになります。

クリスマスまでにプロポーズが叶うかも!

男性は彼女との結婚を意識するのは、何か彼女が特別な行動を起こした時ではなく、むしろ日常の中で彼女の考え方や価値観に触れ、彼女の考え方を尊敬し、尊重できるかがポイントになっています。

また前提として、2人の間に信頼関係が築けていることも大切です。彼から与えられるものばかりではなく、あなたが彼にどんな行動や発言をしているかを一度振り返ってみましょう。2人の関係が良い方向に進むといいですね。

記事に関するお問い合わせ