無料の会員登録をすると
お気に入りができます

憂うつな気持ちが続くのは、冬のせい⁉ こころの不調に効くツボを、Twitterで人気の鍼灸師が伝授

ライフスタイル

日照時間が短い冬は、落ち込んだり、憂うつな気持ちになりやすい

日々なんとなく起こる不調は、じつは、気候と深く関わっています。そのため、夏はだるさや食欲不振が生じやすくなったり、冬になると冷えがツラくなったり……と、季節の変化に連動するように、不調の種類も移り変わっていきます。さらに、体だけでなく、こころも気候の影響を受けていて、冬になると、何かにおびえたり、ささいなことにビクッとしたり、やたら不安になるといった症状が起こりやすくなるそうです。

「ふだん社交的な人でさえ、冬になると人に会いたくなくなったり、憂うつな気分になったりすることは珍しくありません。これには、日照時間も深く関係しています。というのも、『幸せホルモン』とも呼ばれるセロトニンは、日光を浴びることでも分泌するからです。日照時間が短くなり日を浴びる時間が減る冬季は、他の季節に比べセロトニンの分泌量が低下する傾向にあります。こういった点からも、憂うつや不安感、恐怖感といったメンタル不調が現れやすくなります。春を迎えれば自然と落ち着くことが多いですが、憂うつや不安の感情は、『腎(じん)』に負担をかけてしまいますから、ツボの力を借りて、気持ちを晴らしましょう」(田中先生)

中医学では、体の機能や役割を5つ(五臓=肝・心・脾・肺・腎)に分けて考えますが、
そのうちの1つ「腎」は成長や発育、生殖機能などをつかさどっています。腎がダメージを受けると、抜け毛や白髪、頻尿、聴力や生殖機能の低下など老化で見られる症状があらわれやすくなるそうです。こういった症状を促進させないためにも、気持ちをラクにして「腎」への負担を減らすことが大事です。

メンタルの安定には、胸と背中にあるツボを温めるのがオススメ

田中先生に、冬のメンタル不調に効果的な2つのツボを教えていただきました。
「背中にある心柱(しんちゅう)は、癒しのツボ。誰かに背中をさすってもらうと安心しますが、そんなときに自然と触れているのがこのツボです。胸元にある膻中(だんちゅう)も手を当てると安心します。不安なときは肩をすくめがちなので、肩の力を抜き、そっと手を添えましょう」

ツボは、押すだけでなく、じんわり温めるのも効果的です。特に自分では手が届きにくい背中のツボは、カイロや湯たんぽなどの温熱グッズを活用すると無理なく温められます。

ツボ/身柱(しんちゅう)

位置/首を前に倒したときに飛び出る骨(大椎・だいつい)から背骨の山を3つ分下へ移動したところ。
方法/手が届きにくいので、ホットパッドや湯たんぽ、カイロなどで温める。誰かにさすってもらうのもおすすめ。

ツボ/膻中(だんちゅう)

位置/胸もとにあり、乳首同士を結んだラインの真ん中。
方法/あお向けになって、ツボに手を重ねて温める。温熱グッズを使っても心地いい。

手のひら日光浴で、セロトニンの分泌を促すことも大事

先にお伝えしたように、セロトニンと日光は深く関わっています。日照時間が少ない冬ですが、できるだけ日光を浴びるように意識し、セロトニンの分泌を促しましょう。

「全身に浴びるのは日焼けも気になるし、抵抗があるという人は手のひらだけでもOKです。手のひらを10分程度太陽に向けましょう。また、気持ちが沈むとカーテンを開けずに1日過ごしてしまう人もいますが、明るい自然光を部屋の中にとり入れることも大事です」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ