無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「あのとき貯めておけば…」お金について、子育て世代が今抱いている思いとは?

節約・マネー

目次

昨年話題となった映画『老後の資金がありません!』。主人公である主婦がコツコツと貯めてきた老後資金が、想定外の出費が重なってどんどん目減りしていく様に、身につまされる思いをした子育て世代も多かったようです。ましてやこのコロナ禍で、安定した生活が必ずしも将来にわたって約束されたものではないことを思い知らされた今、ライフプランの見直しを計る人も増えてきました。そこでレタスクラブでは、子育て世代が抱える「備え」についての不安や悩み、今後のライフプランでやってみたいことについてレタスクラブアンケート部の皆さんに尋ねました。(2021/12/3~2021/12/8実施:回答者1090人のうち「女性・既婚・子どもあり・23歳~50歳」の子育て主婦258人の回答を抽出)。

レタスクラブアンケート部
老後に不安を感じた妻が決意! 1年で100万円貯めるためにとった驚愕の手段とは!?/70歳までに貯金1000万円(2)(画像4/7) - レタスクラブ https://www.lettuceclub.net/news/article/1061587/i10582073/

将来のライフプランで何が一番不安?

まずは、子育て世帯のライフプランについて、もっとも不安に思うことを聞いてみました

ご世帯のライフプランについて、もっとも不安に思うことは何ですか?

自分の老後資金…121票(46.9%)

子どもの学業資金…68票(26.4%)

今後収入が減るかどうか…22票(8.5%)

借入金(ローンなど)の返済…18票(7.0%)

特にない…15票(5.8%)

親の介護資金…12票(4.7%)

その他…2票(0.8%)

「自分の老後資金」について最も不安を抱いていると回答した人が、約半数とトップ。国が「老後資金ひとりあたり2000万円」と呼びかけたことが印象的だったという人も多かったようです。

・「夫婦それぞれ何歳まで生きるのかもわからないし、老後資金は実際のところいくらあればいいのか不明瞭なので不安」

・「年金が本当にもらえるかもわからないので、自分たちで資産を作らないといけないと思う」

・「教育資金も、介護資金も使い果たしちゃったら、結局は自分たちの首が苦しくなるから」

・「専業主婦なので、夫に先立たれたら大丈夫なのか気になる」

・「定年退職後働けるか?持ち家なし、冠婚葬祭なども増えるだろうし、赤字になりそう」

・「人生100年時代、元気で100歳まで生きていく気がしないので、入院代なども必要になったり働けなくなったりと老後が心配です」

など数々の不安な声が寄せられました。

次いで2位は「子どもの学業資金」で、全体の約1/4程度。

・「私立の学費が上昇傾向にあるので気になります」

・「2歳差で3人子どもがいて、私が扶養内パートなので、大学まで教育資金が足りるか不安」

・「最終的にいくらかかるかわからない」

・「子どもの選択肢を減らしたくないため。たとえば留学したい時に資金面で支援してあげられるか、不安」

・「今長女が小学生ですが、中学生になると、塾費用や受験など、一気にお金がかかるようになると聞くから」

・「子どもの大学行く頃には、夫が定年なので」

など、子どものやりたいことをやらせてあげたいけど、お金が足りるのか不安という親としての葛藤がうかがえます。

「自分の老後資金」と「子どもの学業資金」の上位2項目が、全体の3/4を占める結果となりましたが、他にも「このご時世、仕事をいつ失うかわからない」「いつまで仕事を続けることができるか。定年後に仕事があるか」など、そもそもの今後の収入について不安視する声も多く寄せられました。コロナ禍による社会情勢の不安定さは、「ローンの返済残額がまだ多いのに、今後給料は上がらなそうなので、金利が上がらないか気になる」と、借入金の返済問題への不安にも波及しています。また、「今の介護保険では足りないと思う」「親自身の貯金がない」など、親の介護資金にも不安を抱いているようでした。

「老後資金」「学業資金」「介護資金」など、どれもお金がかかることはわかっていても、具体的にどのくらいなのかというのはわかりにくいもの。また、持家か賃貸か、車を保有しているかどうか、今後の収入が安定しているかなど、様々に絡まる不確定要素も多いことが、さらに不安に拍車をかけているようでした。

子育て世帯がライフプランで取り組みたいこととは?

子育てに、親の介護、自分の老後資金など、金銭的な不安を多く抱える子育て世帯。コロナ禍を経験した今、どんなライフプランを描いているのでしょう?今後のライフプランを描くうえでやってみたいことについて聞いてみました。

ご世帯のライフプランについて、これからやってみたいと思うことは何ですか?(複数回答可)

1位 働き続けたい…94票(36.4%)

2位 資産運用を始めたい…74票(28.7%)

3位 今仕事をしていないが、働きたい…48票(18.6%)

4位 資産運用をさらに増やしたい…46票(17.8%)

5位 仕事のための資格を取得したい…34票(13.2%)

6位 ライフプランをFPに相談したい…13票(5.0%)

1位と3位の「働くこと」を合わせると55.0%。過半数の人が「働きたい」という結果となりました。コロナ禍で収入が減った世帯も多く、今後の景気回復もなかなか見込めないことから、共働きで収入を確保しておきたいという思いが見受けられます。また、コロナ禍でリモートワークが普及し、子育て中でも働きやすい環境が整ってきたことも、仕事復帰を後押しするひとつの要因。働き方の多様化に伴い、今後ますます女性の活躍の場が増えてくるように思われます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ