無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2019年こそ上手にお金を貯める♡見直すべきお金の使い方8選

生活のために将来のために、お金は上手に貯めたいもの。そこでお金が貯まらない習慣を見直し、お金が貯まるようになる習慣をご紹介します。

2018年12月
ライフスタイル

お金が貯まらない…

2019年からは「お金が貯まるワタシ」に♡

お金を貯めるのが苦手という人はいませんか?それは気づかぬうちに貯まらない習慣や行動が身についているせいです。2019年からは心機一転、お金が貯まる自分に生まれ変わりましょう。

Photo by rawpixel / Unsplash

そこで今回は、お金が貯まらない習慣や行動を見直し、お金が貯まるようになる習慣や行動を身につける方法ををご紹介します。

1. 貯金の目的がぼんやりしている

何にいくら必要か、具体的に目標を定める

あなたは何のために貯金をしたいと考えていますか?「一応将来のため」など、貯金の目的がぼんやりとしてはいないでしょうか。貯金の目的は具体的に考えましょう。例えば“将来”は結婚費用や子どもの出産費用だと具体的に考えれば、いつまでにいくらが必要なのか目標がわかります。

目標とする金額と期間を定めれば、いくらの貯金かが必要が導き出されるはずです。貯金の目的が複数あるなら、目的ごとに貯金額も変えて、振り分けましょう。目的ごとに口座を分けると、目に見えてわかりやすいです。

2. 生活費を細かく把握していない

お金の出入りを“見える化”する

お金が貯まらない人は、そもそも自分が何にどれだけ使っているのか、お金の使い方を把握していません。そこで、まずは生活費を見直しましょう。

Rika🐰 on Instagram: “ストーリーズの方で質問頂いていた、わが家の家計簿です😄📖✏️ 私はExcelで毎年表を作って印刷して無印のファイルに挟んだものに毎月、家計記録として付けています😉 結婚した当初は市販の家計簿をいろいろ試したこともありましたがどれも長くは続かず…😥…”
instagram.com

そのためにお金の出入りを“見える化”しましょう。一番手っ取り早いのが家計簿です。また、クレジットカードや電子マネーのみを使えば、明細を見直してお金の出入りを確認できます。

貯金をメインに考えたい人は、貯金用の口座を作りましょう。目に見えてわかりやすく、貯金をするモチベーションも高まります。簡単に引き出せないオンラインの銀行や積立預金などを利用すると、貯金を使ってしまうこともありません。

支出の現状を知り、振り分け方を考える

支出は3つに分けられます。「月々の生活費」「イレギュラーな支出」「将来的に必要になる支出=貯蓄」です。イレギュラーな支出とは、医療費や誰かの結婚式のお祝い金など、いつやってくるかわからない近い将来の支出のこと。

Photo by rawpixel / Unsplash
記事に関するお問い合わせ