無料の会員登録をすると
お気に入りができます

クリスマスケーキ!?野菜を使ったおもてなしサンドイッチレシピ

クリスマスケーキといえば、生クリームやフルーツを使ったものを想像するかもしれませんが、実は甘くないケーキがあるのをご存知ですか?北欧の家庭でよく作られる「スモルゴストータ」は、見た目はケーキですが、中身はサンドイッチ!マヨネーズとサワークリームを使った酸味のあるソースをパンに塗り、野菜や卵などお好みの具材をはさみこんだ、しっとりなのにふわっとした“サンドイッチケーキ“なんです。そんなスモルゴストータの作り方を、スウェーデン料理専門店「レストラン ストックホルム」で教えていただきました。

レシピ

何層にも重ねたサンドイッチのケーキ

にんじんや紫タマネギ、トマト、卵などを具材に、リーフレタスやルッコラなどの葉物野菜、チャービルやディルなどのハーブ、レモン、スモークサーモンなどをデコレーションに使います。

材料(3~4人分)

・8枚切りの厚さの食パン(耳をおとしたもの):10枚

[A]

・マヨネーズ:200ml
・サワークリーム:200ml

※マヨネーズとサワークリームの割合は約1:1です(途中で足りなくなった場合も、常にこの割合で混ぜたものを足します)。

<具材>

・紫タマネギ:1/2個
・にんじん:1/2本
・アボカド:1個
・茹で卵(固茹で):2個
・トマト:2個
・レモン汁:少々

<デコレーション>

・ルッコラ、ディル、チャービル、レモン、チーズ(カッテージチーズなど):各適量
・スモークサーモン:12枚

※上記の材料は一例です。具材、デコレーションともに、お好みの材料を用意しましょう。

作り方:下ごしらえ

1. 紫タマネギは薄切りにして水にさらした後、水気を切っておく。にんじんは細切りにしてお好みのドレッシング(分量外)で和えるかラぺ(※)にし、トマトは1cm程度の輪切り、茹で卵は粗みじん切りにしてマヨネーズ(分量外)で和えます。アボカドは、薄くスライスする。

※にんじんのラぺの作り方(材料はすべて分量外)
オリーブオイル(15ml)、ワインビネガー(15ml)、はちみつ(7ml)、塩・コショウ(少々)をよく混ぜて細切りにしたにんじんとあえ、レーズン(適量)を加える。
*注意:はちみつを使用していますので、ラペにした場合は満1歳未満の乳児には食べさせないでください。

memo

・トマトは、ゼリー部分と種をとり、キッチンペーパーの上で軽く塩をふってしばらくおき、水気をとります。きゅうりなど、水分の多い野菜を使うときも同様にします。

・アボカドは扱いやすい硬めのものを選びましょう。変色しやすいので、使う直前に切ってレモン汁をかけます。やわらかいアボカドをペーストにしてクリームであえたものも、具材としておいしくいただけます。

2. ハーブ以外のデコレーション用の葉物は、15~20分ほど冷水につけてパリッとさせ、水気を切っておく。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ