無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[妊活] 不妊治療へ踏み出せないハードルって? #2 お金の心配・男性の理解

子育て

行くべきか、行かざるべきか…そろそろ、「治療」を考えようかな…と思った2人へ。
不妊治療を始めるときに、クリニックはどう選ぶのか、どう戸惑いを解消したらいいのか。妊活コーチの松本亜樹子さんと先輩たちにアドバイスしてもらいましょう。

あなたと彼が不妊治療に踏み出せないのには4つのハードルがある…

「不妊治療を始めるならあの病院」と、めどは立ったけれど、その扉を実際に開けるにはなかなか勇気がいるもの。その勇気が必要なのはなぜ?
2人の心の中にある「4つのハードル」のうち、今回は「ハードル3・お金の心配」「ハードル4・パートナーの説得」について分析してみました。

[妊活] 不妊治療へ踏み出せないハードルって? #1 治療と仕事の両立

【あなたと彼のハードル3】お金のことが心配

検査や治療にかかるお金のこと、不安になると思います。でも、初めから数十万円もかかるようなことはありませんし、きちんとした病院では料金についての説明があります。

お金のことはストレートに聞いてOK

大事なことは、治療も検査もどのくらいの費用がかかるか、はっきりと聞いて構わないということ。治療費の一覧表を提示してくれる病院もあります。さらに、保険診療なのか自由診療なのかなども遠慮しないで聞いてOKです。
もし、一覧表などでもわかりづらかったら、「自分のこの検査(治療)は、全額でいくらくらいかかりますか」と確認してみるといいでしょう。

施設によって異なるのが不妊治療の料金体系

ほとんどが自由診療なので、施設によって違いはあります。とはいえ、おおよその相場は知りたいですね。初診では血液検査、超音波検査(しないことも)、卵管造影検査などでだいたい1〜2万円くらい。なんらかの疾患があり、保険でカバーできる部分があると、もっと安くなることもあります。

納得して治療を受けることにお金も含まれている

不妊治療は通院の回数も多く、治療内容も保険適用の扱いにならない自由診療での治療ケースがほとんどです。治療ステップが進むにつれて、トータルの治療費が高額になることは、やはりある程度の覚悟は必要です。そのためにも、不妊治療を始めるとき、どの治療を何回まで、どのステップまで進めるのか、夫婦同士も、医師ともよく話し合って、その都度納得して決めていくことがとても大切です。これにはお金のことも含まれています。

ここだけは要注意!気がついたら治療費1000万円超えも!

1回ごとの費用が高額な不妊治療ですが、何度も繰り返し受けていくうちに「だんだん金銭感覚がにぶってきて、そのうちすべてを治療につぎ込んでしまう」という声をよく聞きます。
また、「ここまで治療費をかけたのだから、出産するまでやめられない」というのもよく聞かれることです。さらには、「気がつくと治療費が1000万円を超えていた」というケースもしばしば見受けられます。

予算の上限も2人で話し合って計画を

そうならないためには、2人で話し合って、治療費の上限をいったん決めておくことが必要です。その限度に達したら、再び話し合って、今後どうするかを決めようなど、あらかじめ計画しておくことをおすすめします。

いまどき不妊治療の「相場」って?

●初診:5千円~
●検査:1万~2万円
※血液検査、超音波検査などですが、総合病院などで病気とみなして保険適応となれば、安くなる場合もあります
●タイミング法:1回/3千~8千円
●人工授精:1回/1万~2万円
●体外受精:1回/30万~50万円
●顕微授精:1回/35万~60万円

体外受精で1児が出生するためにかかる一般的なトータル金額は、女性が30代前半であれば約150万円といわれ、40才以上では平均して約372万円。
これは年齢が高くなるほど妊娠しにくくなり、治療の回数が増えることが原因です。(国立成育医療研究センター不妊治療科診療部長 齊藤英知先生)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ