無料の会員登録をすると
お気に入りができます

香港のローカル料理をポーランド食器で!ほっこりとあたたまる小さなカフェ「3米3 東神田店」

2018年10月、東神田に2号店をオープンした「3米3(サンマイサン)」は、香港のローカル料理がかわいいポーランド食器とともに楽しめるカフェ。種類豊富なお粥はどれも具だくさんですが、とってもヘルシー。香港で人気のスイーツやドリンクも充実しています。

榎田真奈 写真:永岡邦彦

旅行・おでかけ

2018年10月、東神田に2号店をオープンした「3米3(サンマイサン)」は、香港のローカル料理がかわいいポーランド食器とともに楽しめるカフェ。種類豊富なお粥はどれも具だくさんですが、とってもヘルシー。香港で人気のスイーツやドリンクも充実しています。

お粥は香港の主食の1つ

大通りに面して建つ。鮮やかな青色が目印

馬喰町駅から徒歩5分。都営新宿線が通る清洲橋通りを北西に向かうと、左手に「3米3 東神田店」が見えてきます。

白を基調にした店内にはところどころに青い模様が印象的なポーランド食器が飾られ、明るくかわいらしい雰囲気です。

店名の3米3は粥の漢字を3と米の文字で表現。3にはお米が動いているようなイメージもあるのだとか

ポーランド食器は創業者ビンチーさんの趣味が高じたもの

さまざまな具が入った香港のお粥が自慢の「3米3」。

香港でお粥は、米粉の麺や、小麦の麺、ご飯とともに、4つある主食の1つとされるくらいメジャーな食べ物。

日本のお粥と違いさまざまな具が入っていて、朝から夜遅くまで開いているお粥店が街なかにたくさんあります。
さらにはヘルシーで体にもいいため、予防医療(薬膳)としても捉えられているのだそう。

夜遅くまでいつでも食べられ、具がたっぷりで種類豊富、そのうえヘルシー。
そんな香港のお粥の魅力を日本でも広めようと、「3米3」をオープンしました。

さまざまなお粥メニュー

「豚肉とダブル卵」(単品850円、ドリンクセット880円、点心セット980円)

香港のお粥は鶏肉などでとった出汁に生米を入れ、お米の形が崩れるほどじっくり煮込みます。
そのため日本のお粥とくらべ、驚くほど口当たりがなめらか。
「3米3」のお粥も、すべて鶏ガラとたくさんの野菜でとった清湯(チンタン)スープから作っています。

油條(ヤウティウ、揚げパン)は、中華圏では定番の食べ物。お粥との相性抜群

一番人気の「豚肉とダブル卵」は、香港でも定番のお粥メニュー。
豚肉やピータン、鹹蛋(シエンタン、塩漬けの卵)などが入った具沢山のお粥です。ピータンや塩漬け卵の塩気がお粥にマッチして、トッピングのでんぶや春巻きの皮の素揚げ、ネギが良いアクセント。

セットでつけられる点心の油條(ヤウティウ、揚げパン)をお粥に浸して食べるのが香港流です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ