無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鍋パーティーにもうってつけ♪ 食べて楽しい和洋折衷変わり種鍋5選

レシピ

「鍋パーティー」は、気心知れた人と1つの鍋をワイワイつつくのが醍醐味。どうせなら一風変わったメニューを準備して、みんなをアッと驚かせてみては? 今回は、食べて楽しい和洋折衷変わり鍋5選を紹介します。うどんや雑炊、パスタといったシメの料理をどうするか考えつつ、まずはうまみたっぷりの食材やスープをご堪能あれ。

白菜のブイヤベース風

【材料・2~3人分】

白菜 1/4株、白身魚のあら 500g、玉ねぎ 1/2個、じゃがいも 2個、トマト 1個、にんにく 1片、塩、オリーブ油、酒、カレー粉、こしょう

【作り方】

1. 白菜は葉と軸に切り分け、食べやすく切る。玉ねぎは縦薄切りにし、じゃがいもは縦横半分に切る。トマトは6~8つのくし形切りにし、にんにくは包丁の腹でつぶす。

2. 魚のあらは塩適宜を少し多めにふって約10分おき、熱湯にさっとくぐらせ、冷水にとる。うろこや血合いを取り、水けをふく。魚のあらは身が少なくても、骨からだしが出るので、うまみがたっぷり。野菜からもうまみが出るので、スープごと食べると、満足感のある1品に。さっとゆでると魚の臭みが抜ける。

3. フライパンにオリーブ油大さじ1、玉ねぎ、にんにくを入れて火にかける。玉ねぎがしんなりするまで炒めて、なるべく口の広い鍋に入れる。

4. 3のフライパンにオリーブ油大さじ1を足して熱し、あらを並べて、両面に焼き色がつくまで焼く。表面を焼きつけることで身がくずれにくくなり、うまみが凝縮される。

5. 3の鍋に1のじゃがいもを入れ、水4カップ、酒大さじ1、カレー粉小さじ1を入れて火にかける。煮立ったら4を入れ、ひと煮立ちしたら弱火にし、約20分煮る。塩、こしょうで味をととのえて1の白菜の軸を入れ、3~4分煮たら白菜の葉とトマトを加えてさっと煮る。

(1人分252Kcal、塩分0.7g)

魚のあらを下処理せずそのまま使うと、スープ全体に生臭いにおいが広がってしまうことも。塩をふったり熱湯にくぐらせたりして、臭みを抜くよう心がけましょう。うろこや血合いもていねいに取ってくださいね。

カレーヨーグルト鍋

ヨーグルトは泡だて器で液状になるまでゆっくり混ぜます。鍋に入れた時、“だま”になりにくくなって◎

大根と豚のトマト鍋

大根は少量の米と一緒に下ゆですると、ほろりとやわらかい食感に。好みで最後に大根の葉を加えるのもおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ