無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鎌倉のランチ・スイーツはここで!人気エリア・小町のおすすめカフェ・喫茶店3軒

鶴岡八幡宮へ向かう2つの通りは観光客で、いつも大にぎわい。しかし脇道に入れば、地元住人御用達の穴場がそこかしこに。まずは、ここを訪れずして鎌倉を語るなかれ!な店をご案内。

編集部 / Hanako編集部

旅行・おでかけ

1.〈豊島屋 鎌倉駅前扉店〉超絶キュートなフードを駅前の穴場パーラーで。

東口駅前ロータリーに面していて、お土産を調達するのにも便利な立地。1階は鳩サブレーの売店とベーカリー、2階はイートインができるカフェ、3階はパーラー。

鎌倉といえば〈豊島屋〉。

器に入ったロゴが素敵。

なかでも〈扉店〉は隠れたグッドデザインの宝庫。

「一口かさね(三段重)」1,300円。1段300円~で追加できる。

イチオシは三段重の一口かさね。ミニサイズのお重にサンドイッチやオムライスがちょこんと盛り付けられ、その愛らしさに編集部スタッフも大興奮。好きな組み合わせで楽しんで。

「扉特製キューブあんぱん(つぶ餡)」200円(各税込)

〈豊島屋 鎌倉駅前扉店〉
■神奈川県鎌倉市小町1-6-20
■0467-25-0505
■10:00 ~ 17:00LO 火休(祝の場合営業)
■40席/禁煙

2.〈café vivement dimanche〉知る人ぞ知る“朝ディモンシュ”の楽しみ。

店奥のカウンターからはコーヒーのよい香りが漂う。カウンター前には、堀内さんによる自家焙煎の豆や、コーヒーをおいしく淹れる道具、オリジナルのカップなども並ぶ。

店主の堀内さん。コーヒーを淹れる姿も絵になる人物。

開業24年目。鎌倉からカフェカルチャーを発信してきた堀内隆志さんの店はいつもファンでにぎわうが、8時から11時の朝営業は地元住人中心にゆったりのんびり。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ