無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コミュニケーションをとりながら、愛猫のお顔回りをキレイにしよう!

清潔にしてあげたいけれど、いざお手入れしようとすると、イヤイヤとなる猫は多いもの。今回は、お顔回りのお手入れをコミュケーションのひとつに変えて、お手入れを嫌がる猫をリラックスさせながらキレイにする方法をご紹介します。

ペット

お部屋の中で飼われている猫は、目や耳などの顔のパーツが汚れやすいもの。しかし、お手入れをするとなると嫌がってしまう猫も多いですよね。今回は、お顔回りのお手入れをコミュケーションのひとつに変えて、リラックスしながら簡単にキレイにする方法をご紹介します。

お顔はモミモミしながら拭こう

下準備として、タオルの反面に洗い流さないタイプのドライシャンプーを、しっとりする程度を目安にまんべんなく吹き付けておきます。ドライシャンプーを直接猫の体にかけないので、怖がりにくくなりますよ。
準備ができたら、シャンプーを吹き付けた面で頭や頬を拭いていきます。このとき、タオルの中で手をモミモミするようにマッサージしながら拭くことがポイントです。猫が気持ちよさそうな顔をしているか、確認しながら拭いてあげてくださいね。

拭く前にこんなコミュニケーションを♪

拭く前にはまず、猫をひざにのせてスキンシップをしましょう。猫の喜ぶところを中心になでてあげてくださいね。タオルをそばに置いておけば、お手入れに移行しやすいですよ。

目やにはじんわり温めて取ろう

38℃〜39℃くらいのぬるま湯とコットンを用意します。お湯でコットンを湿らせたら、ぎゅっと硬く絞っておきましょう。
乾燥してこびり付いた目やには、ゴシゴシこすると粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。湿らせたコットンを目元の汚れに数秒間あててみてください。じんわりと温まり、汚れがふやけるので取れやすくなりますよ。

拭く前にこんなコミュニケーションを♪

猫がのんびりくつろいでいるときに、そっと後ろから抱え込みます。顔のまわりをなでながら、ゆっくり体を密着させてコミュニケーションをはかりましょう。

耳は自然に届く範囲だけでOK

目元のお手入れと同様に、耳の掃除もぬるま湯で湿らせて硬く絞ったコットンを使います。
猫の耳をめくって、内側の汚れを拭きましょう。猫の耳の内側は凹凸が多く複雑な構造なので、自然に届く範囲だけを拭き取ればOKです。耳の汚れは脂っぽいので、ふやかすよりも拭い取るイメージでお手入れすると◎。
耳の掃除を始めるときも、背後からそっと抱え込んでスキンシップを楽しみながら、猫がリラックスしているときに行ってくださいね♪

綿棒を使う場合は・・・

綿棒で耳掃除をするときは、絶対に奥まで入れないようにしてください。綿棒の先端をぬるま湯で濡らして絞ったら、溝に溜まった汚れをそっと取ります。違和感からかき壊してしまう恐れがあるので、やり過ぎには十分気をつけましょう。

ぬるま湯を使うことが、猫に優しいお手入れのポイントです。冷水に比べて刺激が少ないので、猫の負担を減らすことができますよ。猫が気持ちよさそうにリラックスしている間に、手早く終わらせてあげましょう。

参考/「ねこのきもち」2018年2月号別冊『丸ごとハッピーお手入れBOOK』(監修:聖母坂どうぶつ病院 獣医師 鵜飼佳実先生)
文/ishikawa_A

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ