無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイニングスペース派?リビング派?一人暮らしのダイニングテーブル事情!

一人暮らしのお部屋で、ダイニングテーブルはどのように選べば良いのでしょうか。お部屋のスペースや間取りにもよりますが、ダイニングスペースを確保するかリビングスペースで食事をとるスタイルにするかのどちらかを選ぶ方が多いようです。今回は、実際に一人暮らしをされている方のダイニングテーブルをご紹介します。

Sayang

インテリア

玄関から奥のベッド+リビングスペースに行く途中に設置されていますが、スリムな脚が抜け感のある印象を与えてくれます。

こたつテーブルのある暮らし

www.goodrooms.jp

築40年のアパートで一人暮らしをされているこちらのお部屋は、6畳の和室にキッチンが隣接しているレイアウトです。

畳のあるお部屋で床に座る生活がしたいと思っていたそうで、和室に似合うこたつテーブルをチョイスされました。

大きな窓からの自然光も明るいスペースで、のんびりゆっくりくつろげそうです。

まとめ

一人暮らしのお部屋に選ばれたダイニングテーブルをピックアップしてご紹介しました。

大きなサイズのダイニングテーブルでは、食事はもちろんのこと、勉強やお仕事、趣味のクラフトなどをするスペースとしても活用できます。

お部屋のスペースに合わせて小さなテーブルやローテーブルをチョイスした場合は、空間に余裕が生まれるでしょう。

間取りやスペース、インテリアのスタイルに合わせて、ぴったりくるダイニングテーブルを探してみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ