無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今どき「お正月準備」って何すべき?知っておくとイイ習わし♡

もういくつ寝るとお正月。新しい年がもうすぐやってきますね。そろそろ始めたいのがお正月準備。伝統的なお正月の習わしにはどんな意味があるのか、そして現代的に取り入れる方法をご紹介します。

2018年12月
ライフスタイル
Ayami Kawano on Instagram: “しめ縄リース作りました! ナチュラルキッチンの素材5アイテム使って500円で作りました🎍 #ハンドメイド #ナチュラルキッチン #しめ縄リース #リース作り #diy女子 #diy主婦 #セルフリノベーション #板壁  #お正月 #selfrenovation…”
instagram.com

外すのは松の内が過ぎた頃。関東では1月7日、関西では1月15日に外されることが多いです。ちなみに毎年新しいしめ飾りを飾るのが正しい習わしなのだとか。

今どきは「100均DIY&リメイク」派も増加中

せっかく毎年新しいしめ飾りが必要ならと、ワークショップなどで手作りする人もいるようです。自分の家に合わせた雰囲気にアレンジできておしゃれで、気持ちも込められるので縁起も良さそう。

noplanlife on Instagram: “しめ縄を100均リメイク  シンプルなしめ縄リースに好きな素材をプラスして。  子供は端材で門松風をペタペタ♫  お正月まであと少し♫  #しめ縄リース #100均リメイク#100均#リース#しめ縄#100均インテリア#親子工作#ハンドメイド#お正月#しめ縄飾り…”
instagram.com

こちらはなんと100均の材料を使ったしめ飾りリメイク。100均で気軽にしめ飾りのDIYやリメイクをするのも人気のようです。

門松を飾るのは何のため?

神様がやってくる目印

お正月に家の前に飾っておくのが門松です。年神様の依り代として、お迎えする目印になるのだとか。平安時代の宮廷遊びとして、正月の初めに小さな松の木を引き抜いてくるということがルーツだそうです。

@hi______06____ on Instagram: “門松🎍
100均に飾りを買いにいったけどもう売ってなかった💦”
instagram.com

門松の松や竹は、寒い冬でも緑色を保つことから、寒さに耐えて新しくスタートする様を表しているそうです。また強い生命力を感じられることから、お正月に五穀豊穣を祈る意味合いとしても、門松が飾られていました。

hana(多肉.野の花雑貨作家) on Instagram: “毎年作りたいっていってくれる人が多くってうれしいのが、「門松の多肉アレンジ」 ・ ・ ぐすん、さっきから作り方になるように複数枚試してるんだけど、なぜかアップロードできない、、。 ブログにも書いてるので、よかったらプロフからみてくださいね。 、 、…”
instagram.com

飾る時期は、しめ飾りとと同じ、12月28日か遅くても30日まで。片付けるのは関東では1月7日、関西では1月15日が多いです。

今どきは「小さめサイズ」を玄関に

maathiyada-160637 on Instagram: “☼ ☼  おはようございます♪̊̈♪̆̈♪̊̈♪̆̈♪̊̈ 今日も仕事へ~🤣 玄関に門松とだるまを置いてます🎍🎍 パステルカラーのだるまです😍 ☼ ☼  では。 行ってきま~す😌 ☼ ☼  #玄関#お正月#インテリア#だるま #門松#目隠し#壁に付けられる家具…”
instagram.com

今どきの門松は家に置きやすいよう、小さめサイズもあるようです。また外に飾ると雨雪が降ったときのお手入れが大変なので、家の外ではなく玄関に置く人もいます。

鏡餅を飾るのは何のため?

神様へのお供えとして、気力をもらう

二段重ねの丸いお餅に、みかんが乗った鏡餅。その昔、お餅はハレの日に神様にお供えする神聖な食べ物でした。鏡餅も神様へのお供え物です。鏡餅が丸いのは、三種の神器である銅鏡をかたどったとも言われています。なので“鏡”餅という名前なのです。

記事に関するお問い合わせ