無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ウィンナーコーヒー「元祖の店」も! 歴史と思いがつまった“レトロ喫茶”4選

旅行・おでかけ

歴史と思いがつまった特製ドリンクを無二の空間ごと味わえる喫茶店へいざ! レトロ喫茶店のドリンク探訪です。

コーヒーの酸味とクリームの絶妙なバランス。
『神保町 ラドリオ』は喫茶店のメッカ神保町のなかでも古参のひとつ。書店を訪れる人のサロンとして1949年に誕生した。「元祖の店」とされるウィンナーコーヒー(¥600)は、シンボル的メニュー。よそにはない飲み物を探していた当時の店主が、常連客がウィーンで飲んだというコーヒーの話をヒントに作り、店に集った作家や芸術家たちの間で「ウィンナーコーヒー」と呼ばれるようになったという。やや酸味のある軽やかなコーヒーにホイップをたっぷり絞るのがラドリオ流。コーヒーとクリームのやわらかな溶け合いを楽しみながら、作家たちの憩いの場だった時代に思いを巡らせると、一層味わい深くなる。

1、ナポリタン(¥800~)は、タバスコとコショウのスパイシーさがあと引く味わい。ランチならウィンナーコーヒーとセットで¥1,000とお得に!
2、彫刻家の本郷新さんが描いたシンボルマークのコースターとマッチ。
3、いい感じに薄暗く、落ち着く店内。内装やレンガ造りの店構えは創業時と大きく変わっていないそう。常連客が作った店名入りの看板が飾られていたり、長年愛されてきた証が随所に。

SHOP DATA 東京都千代田区神田神保町1‐3 TEL:03・3295・4788 11:45~18:00、土・日曜12:00~19:00(LOは30分前) 祝日休

※『anan』2022年2月23日号より。写真・小笠原真紀 取材、文・熊坂麻美

(by anan編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ